2014年06月27日

今年のSECCONは初心者向け勉強会と女子向け勉強会がありますね。明日、明後日開催です。成功を祈ります。 #cchanabomemo #fb #seccon

6月ももう終わろうとしています。早いですね・・・もう7月になるとは思えません。仕事溜まり過ぎですw未消化のまま次の仕事が来るという状況にほぼ泣きそうになってます。ガンバリマス(白眼)。

さてさて、わたしのような無能な人間でも0x27年近く生きてきますといろんなところから「たまにはひと様の、特に若い方のお役に立てるような仕事をしなさい」というべきお仕事がふってくるものでございまして、今年度もセキュリティ・キャンプ事業や文科省のenPit事業などに関与させて頂いております。

セキュリティ・キャンプは、死ぬほど忙しいのに若い人たちを育てるために力を注ぐすばらしき講師陣の熱意と、ロジ周りの上手なキャンプ協議会のなかのひとたち、表には出ないけどしっかりと確実にお仕事をしてくださるIPAのなかのひとたち、そして全国の勉強会主催として文字通り全国を行脚して歩くまっちゃだいふく氏をはじめとした有能なメンバーによって、2012年末から地方におけるミニキャンプ・キャラバンがすすめられ、最近では地方のコミュニティや関係各位からぜひやってほしいというお声がけをいただくようになりました。わたしなどはほとんど役に立っておりませんが、本当にこういう機会を作ることができてきたのは良かったの一言につきます。裾野を広げる活動が少しづつ形になっているのはありがたいことでもあります。
8月の全国大会も参加者募集が終わり、現在は講師陣と参加者となかのひとたちとを交えて、事前学習などの様々な活動が水面下で行われております。受講生の皆様が十二分に力を発揮できるように万全を期するのがわたしなどのスタッフ側の使命でございます。どうぞ今後のキャンプ事業にご理解ご協力を賜りますようよろしくお願いします。

さて、キャンプ事業にも強く影響をしているのが、JNSAさんが主催するSECCONと呼ばれるセキュリティコンテストです。キャンプの講師でもある竹迫さんが実行委員長を務められており、昨年からは今まで以上に大規模なものになってきたこともあって、メディアの注目も高くなっています。
そんな中、今年度から大変新しい企画が2つ立ち上がったようです。(すでに公式発表されていることですが改めてここでご紹介します)

一つ目は、CTF for BeginnersというCTF競技への参加未経験者などを対象とした入門編の勉強会です。SECCON CTFでも上位入賞を続けているメンバーを中心に企画されていますね。セキュリティ・キャンプの卒業生たちでもあります。CTFってよく聞くけどどんなのかわかんないし、そもそもなんか出てみてもすごい技能者がいっぱいいてとてもじゃないけどチャレンジできそうにない・・・という雰囲気もある要素ですから、そういう人はまずはこういうところに参加して雰囲気を味わいつつ、一緒に仲間をみつけていくのは面白いとおもいます。
第1回めは明日、第2回めは来月行われる予定なのですが、もう埋まっているという人気度合いです。
キャンパーたちがこういう活動に積極的に取り組んでくださるのは、おかーさんとてもうれしいです(笑)。
http://2014.seccon.jp/2014_06_CTF_for_Beginners.html

2つ目は、CTF for GIRLSという女性限定のCTF競技のための勉強会です。
http://2014.seccon.jp/2014_06_CTF_for_GIRLS.html
こちらも、キャンパーやこれまでのSECCON CTF競技で活躍してきた若手の“セキュリティ女子”たちが企画したものです。キャンパーが多いのはとても嬉しいです。今年2月に国際的セキュリティカンファレンスCodeBLUEを立ち上げ見事成功に導かれたkanaさんいわく、韓国には女子限定のCTF競技があって、バリバリの女性セキュリティ技術者やハッカーが育っている(そして子どももいらっしゃる方も多数だと)とのことを以前から聞いてまして、そう言うの日本でもやりたいですねという話をしていたのですが、実現のために動かれたというのは素晴らしいことだとおもいます。わたくしも、自分の各種つてをつかって女子大の理系学科などの先生方にコンタクトを取ってはセキュリティ分野に興味を示す女性を増やす努力などをしておりますけれども、このような活動に対して側面支援できればいいと思っております。カーチャン、困ったことがあったら何でも力になるので遠慮なく言って下さい(笑)!!

今週日曜日に勉強会を開催とのことですがこちらもあっという間に満員御礼、潜在的に興味を持つ方こんなにいるんだと驚く次第です。

よく、ダイバシティなどという言葉とともに女性活用ということが言われますけれども、女性だけ優遇するのはいかがなものかという意見を頂戴することが有ります。とても納得できる意見である一方で、少し違和感も感じることが有ります。
もともと女子短大でありその後共学化したとはいえ女性比率の多い現場で教育活動に携わっているわたしの経験としてある程度申し上げることができるとするならば、女性の教育において外部環境は大変に重要であるということはあるとおもいます。女性はと類型化することもあまり望ましくはありませんけれども、女性が少ない環境でももちろん女性は男性と変わらず活躍することはできますけれども、集団の中でのコミュニケーションを通じて自己の知見を高める側面の強い女性の性差としての性質から、女性における専門的教育においては、女性が関与しやすい学習環境を用意しておくことはより学習効率を高めるという研究データを見たことが有ります。(が、その研究データをどこで見たのか失念してしまいそれを引用する時間もないため、あまりこの点を表向きに公言してこなかったのでした)実際、これらは私自身が現在教育を行う上で細かく配慮している点に含まれています。(たとえば課題の提示の仕方など)
そういう意味において、専門職にある女性の人数を増やそうとしたときにより女性が関与しやすい環境を整備していくということは決して間違ってはいないのではないかと考えております。
もう一つ、これは雇用環境とキャリア形成に関する点ですが、女性の雇用環境については非常に個々の事情に則した多様な雇用環境を用意する必要性が出てきますが、これらは企業体としての制度の中に組み込んでいくことで女性だけではなく男性にとってもより働きやすさを提示することが可能になるのではないかと考えております。したがって、女性を優遇という単純な話ではなく、より人にやさしいようなそのような枠組みを考えていくという指標に女性を含めるとうまくいく、というように考えたらどうかと思う次第です。

いずれにしても、初心者向き/女性限定のどちらの活動も、これからを担う若い人たちが自分たちのために、そして自分の後に続く人たちのために考えて行った行動です。
責任あるオトナとして、これらの活動を見守り支援し障害を突破するダイナマイト的に使っていただければ、カーチャンこんなうれしいことはありません。

posted by はなだせんせ at 17:12| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

情報セキュリティ月間の2月末にアレコレお仕事で飛び回ってたらその話が幾つかまとめられているよ、と言う話。 #cchanabomemo #fb

もうすでに桜が咲いてそして散りはじめてて、年度も2013年度ではなく2014年度なんですが、わたしの2014年度はすでに始まって爆走してますけども、2013年度も全然終わってませんw いま、欲しいものは時間です。それも一人でどっぷり仕事に集中できる時間です。むしろ、どっかに逃亡したいです。以前の失踪願望はだいぶ収まりましたけども、逃亡願望は常にあります。いえ、失踪も逃亡もしませんけどもw

最近、予定がダブルブッキングではなくトリプルブッキングします。
ダブルだと何とか頑張れば調整できたりするのですが、トリプルブッキングだともうどうにもならない。
しかも、そのトリプルブッキングの予定を全部ひっくり返す天候リスクとか娘ちゃんの健康リスクとかを常に抱えている母としては、どうにもなりません。この4年で「あきらめる」というスキルと「ひらきなおる」というスキルが格段に向上しました。よい子は真似しないでください、多分後で相当にしっぺ返しが来ることは予測済みで覚悟してますのでww

さて。
NISC(内閣官房情報セキュリティセンター)による取り決めで、2014年から2月の最初のウィークデーをサイバーセキュリティの日と定められました。
んで、以前から2月は情報セキュリティ月間でこれはそのままというわけです。
専用サイトもありましたね。行事もたくさんありました。
http://www.nisc.go.jp/security-site/index.html
今年から普及啓発ロゴマークもできたそうです。デザインセンスについては触れないほうがいいと思います。よい子のみんなは、もう少しそれ何とかならなかったのかとかそういう批判はしないようにしましょう。
んで、何がいいたいかというとNISCの中の方からコラム書いて、って言われましたので書きましたw超駄文ですが一応お仕事なので貼っつけておきますw
http://www.nisc.go.jp/security-site/month/columu/20140220.html#columu2
書いてる他の人が有名人か有能な若手か素敵なセキュ女子かイケメン凄腕技術者か業界を代表する偉いヒト、しかいない中で私を並べてみるとスペック的にひどすぎてほとんど無知無能を晒しているようなものですけども、まあ私のような普通以下のゴミクズのような人間でも生きていけるんですよみんなだからもっと気楽にどうぞ、という指標にしていただければと“ひらきなおって”おりますw

で、実は2月って大学教員にとって情報セキュリティ月間関係なく忙しい時期でして、成績判定に卒業判定に入試にと駆り出されるわけです。
加えて、今年の2月は冒頭に愛する娘ちゃんからのインフルエンザA型感染で、定期試験はぶっ飛ぶし、体調最悪の中で成績判定を実施し、その後さらに群馬/長野/山梨方面の大雪被害であらゆる予定がぶっ飛び、その前後に発生したある出来事のせいで精神的にも落ち込み、色々と大変ではありました。その節は、いろいろと関係者の皆様にはご迷惑をお掛けしました。

そんな状況を少し脱した2月末にとてもとても本務校の忙しいさなかでしたけども、結構大きめのお仕事が立て続けに舞い込み、それをなんとかこなしたという次第なのですが、最近になってそれらを含めていくつか紹介されたので、ここにメモとして貼っつけておきます。

新潟県:サイバー空間の脅威に対する新潟県産学官民合同対策プロジェクト推進協議会さん(長すぎw)のWebより。
次項有全国情報セキュリティ連絡推進連合会(仮称)設立準備会の様子
2月25〜26日の二日間の日程で、全国情報セキュリティ連絡推進連合会(仮称)設立準備会が新潟県弥彦村において開催されまして、お招きいただきましたので講演してまいりました。私は最近はずっと情報セキュリティ人材関係のキャリア形成に関する研究が主なのですが、そちらの話から人材育成に関わるお仕事をいくつかさせていただくことが増えまして、以前、サイバー空間の脅威に対する新潟県産学官民合同対策プロジェクト推進協議会さんの人材育成・対処能力向上分科会においても講演させていただいたことがあります。まあそういういくつかのご縁もありましてお声がけいただいたのですが、内容的にはもう少し日頃接する若者層におけるSNS活用などの話にもフォーカスをあててお話してきました。その中で、2013年の10月に高松市で開催されたコンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2013にて学生と一緒に発表した『情報セキュリティコンテンツマップ』について、紹介したのですね。そうしたら、その件について取材にいらしていた新潟日報さんが記事にしてくださいまして、2014年3月27日の座標軸というコーナーにて紹介してくださいました。
新潟日報のサイト: https://www.niigata-nippo.co.jp/
残念ながら新潟日報さんはモアという電子サイトでの記事の閲覧ができるのですがこれは新潟日報をおとりになっている方しか会員になれないようで(のはずw)、私も手元に記事がありませんww いつも色々とお世話になってる敬和学園大学の一戸先生から写真で記事を見せてもらいました。
中身は、まあ新潟県内の方はお読みいただければと思いますが、短大内の図書館にも記事のコピーを掲載させてもらっていますので短大の方はぜひ見ていただければ。ここで掲載させてもらったのは、IPAさんがポータルサイトとしてリンク集を作られている情報セキュリティに関する様々なコンテンツの各種サイトの存在があまり知られていないという点やそれらの内容についての評価などの発表結果を簡単にまとめて頂いているものです。これは、ついこの前3月に卒業していった2013年度花田Aゼミの学生たちと半年間かけて調査した結果でもあります。花田Aゼミでは、今年も身近な情報セキュリティに関する問題の解決に取り組んでいきたいなと思っていますので、ぜひ頑張りましょう。
情報セキュリティコンテンツマップも、世に役立てるためにも内容を拡充し、電子版化していきたいなと考えています。

この弥彦でのお仕事の後、坊っちゃんで、そして坂の上の雲でも有名な愛媛県松山市の道後温泉に向かいました。温泉療養じゃありません、お仕事です。むしろ、高崎に戻って休養したいのに、新潟から小牧空港(県営名古屋空港)まで娘ちゃんと一緒に飛行機で飛び、実家に娘を預けて、今度は中部国際空港の始発の飛行機で松山空港に飛ぶありさまw空飛ぶビジネスマンは多いですけど、うちの場合は子連れオカンが子連れで飛びますのでもうハチャメチャです。実家の両親にも「もっと仕事控えろ!家庭優先しろ!!」と怒られるありさまですが、これでも十二分に家庭優先のためにお仕事断っております・・・(´・ω・`)日本の働くオカンはつらいですなwまわり敵だらけですほんとに。

道後温泉で何してたかというと、温泉+セキュリティということで、国内の『温泉系セキュリティシンポジウム』の一つでもある『情報セキュリティシンポジウム道後2014』にお招きいただきまして。
わたし、10月に開催しております『情報セキュリティワークショップin越後湯沢』の運営副委員長を数年前より努めてますので、そういう御縁で道後シンポジウムにも初回の2012のときに参加させていただいたのですが、今回はナイトセッションの講師ということでお招きされました。
詳細は、こちらにあります。中の人達のとりまとめすごいですよね。学生スタッフさんがんばってらっしゃいました。
http://ehime-it.org/ssd/index.php/secdogo-digest
第3号に載ってます。
越後湯沢ワークショップの2012年のときに、夜の車座のなかで『人材育成部屋』というものを開くようになりまして(以前からこの手のネタはあったのですが発展的に継承したという形でしょうか)、2012年と2013年と2年連続で奈良先端科学技術大学院大学の猪俣先生と一緒にあれこれやらせて頂いてました。そんなわけで、これの道後版をやろうということで、いろいろと仕込んですすめていたわけです。なかなか、やり慣れた湯沢と道後では勝手が違うので戸惑いましたけどもなんとか終わったのかなぁと。反省点たくさんですけども。
折しも、NISCさんから人材育成の新プログラムに関するパブコメが募集状況で締めきりが2/28のお昼と。そんな状況で、ナイトセッションでの話もふまえて夜中にパブコメを書くつもりがネオチしw翌朝がんばって追記し、パブコメも出させてもらいました。他にも所属していた団体さんや関係する団体さんから意見を求められたのでそれにも答えてますから、多分個人で出した上に団体でも出したという状況で、中の方々きっと苦笑いだったのではないかと思うのですけども、よいのです。パブコメはちゃんと出して言うべきことは言ったほうが。結果反映されないことも多々あります。その場合は「反映されなかった(ゴルァ)」ということをほうぼうでネタにすればいいだけの話ですww執念深いのは研究者として必要なスキルだと思ってますので、気にしていません。


そんなわけで、とりとめなく書きましたが、いくつかまじめに仕事してたよというご報告でした。
道後温泉本館でお土産代わりにみかん石鹸とタオルがもらえるのですけども、あのみかん石鹸ってどっかで売ってるんですかね?娘ちゃんがとってもとっても気に入ってまして、買えるものなら買いたいです・・・つかもうちょい大きいやつないのかー。
posted by はなだせんせ at 13:04| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

道後シンポ2014とかNISCのパブコメとかセキュリティ・キャンプとか人材育成のいろいろな話というか単なるメモ #cchanabomemo #fb

ブログの放置プレイっぷりが痛々しいぐらいの状況ですけども、最近はfacebookとTwitterで生存判定されているように思います>主に実家方面w。しかし、最後のブログの記載内容が2013年の8月で内容が越後湯沢2013のエントリ始まるよ、じゃいくらなんでもあんまりだと思いまして更新しておこうかなと。
ちなみに、ブログの更新をする前にやるべきことがたくさんあるだろうというご指摘を各所から受けそうなぐらい、現在やるべきことが山積しすぎてすでに何をやったらいいのかわからず、自分の記憶をクラウド上のデータに頼るぐらいには混乱しています(ぉぃ)。そもそもエントリ時間おかしいしw

2月は国が定めた『情報セキュリティ月間』でしてそりゃもういろんなイベントが目白押しです。なので、色んな意味でバタバタとしております。加えて大学教員なら皆よくわかっていることですが、2月って定期試験の成績判定・卒業判定・入試業務・来学期の各種準備でまあまあ忙殺されている時期でして、これらのイベントと校務・教育関係業務とのダブルブッキングどころかトリプルブッキングが発生してまあまあ泣くことが多々あります。というか、毎日泣いてます。そんなわけで、明日から出張三昧だったりして家族には「子どもいるんだからもう少し控えろ」と怒られ、ほかからは「いろいろお出かけ出来ていいですね」と言われ(遊びじゃないのですむしろ仕事です)、学生からは「どうやって連絡・・・」と言われ、事務当局からは「携帯電話とネットが必ず出来る環境にいてくださいっ!」と命令されてしまい、極めつけに娘から「ママと一緒に発表する!」という謎のお言葉まで頂戴しましたが致し方ありません。がんばります。

情報セキュリティ月間については、NISC(内閣官房情報セキュリティセンター)を中心にいろんな活動をしてます。なかのひとたちは色々と頑張っていらっしゃるわけですが、その性質上なかなか浸透していかないというか皆がこのサイトにアクセスして情報をむさぼり読む、ような形にはなかなかならないのが実情です。ま、そんな中でいろんな有識者の方が日替わりでコラムを掲載するという有識者コラムなども今年はあります。本日は私も公私ともに仲良くさせて頂いている村上晃氏が海外活動についておかきになってます(写真が素敵ですね)。わたしも2/20付で駄文を掲載していただきました。最近、IT人材や情報セキュリティ人材の世界でキャリアとかキャリアパスという用語が飛び交っておりますけれども、それについての根本的な考え方を私なりにゆるく書いてみたつもりでございますが、超駄文ですw読み飛ばしていただければ幸いですww

まあそんなわけで、いろいろと告知だったりこんなことがあります的な内容をいくつか。

まずは、セキュリティ・キャンプ関係で。
先日2/15に『セキュリティ・キャンプ・フォーラム』が無事に終了いたしました。雪の中、大勢の方がきてくださったとのことで卒業生・これからキャンプを目指す若い方々と講師陣・協賛企業の関係者様・スタッフとが同窓会的に交流出来たとの話を聞いております。というかですね、わたしこれ参加する予定だったのです、一応スタッフなものですから。ですが、ですが、ですが・・・大雪のため群馬から出発する予定のすべての交通手段を絶たれてしまいましたので涙をのんで断念しました。。。参加予定の卒業生の方の中には、ずっと新幹線に乗ったまま間に合わなかったという方もいたとのことで、とても申し訳ないことをしたなとスタッフ側の人間として残念に思うておりまする。
で、そのセキュリティ・キャンプですが、セキュリティ・キャンプ実施協議会のサイトがあたらしくなりました!!!
次項有セキュリティ・キャンプ実施協議会
これまで以上にいろんな情報発信につとめてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。
2014年のキャンプも実施予定ですし(大体いろんな時期は2013と同じだと思っていただいてほぼ間違いないでござる)、ミニキャンプやキャラバンも各地方で開催予定です(昨年は横浜・九州・沖縄でミニキャンプを、東北方面でキャラバンをそれぞれ開催してましたが、今年は関西・東海地区での開催も検討しております、多分!)
セキュリティにちょっとでも興味のある生徒・学生さんの多数の応募をお待ちしてます。
いきなりキャンプ、は自信がないという方は、ぜひミニキャンプやキャラバンへの参加もお待ちしてます。意外と、地元に仲間が見つけられたり、いい先輩方に出会えるかもしれません。
教育関係の方で興味のある方もぜひお声がけください。詳細をご説明させていただきます。
あと、優秀な若い方を採用されたいという企業さんや、協議会への参加を検討される企業さんも絶賛大募集中です。マジで。

次に、まあ出張三昧の理由の一つでもありますけども、今週末2/27-28に開催される道後シンポジウムの紹介。
次項有情報セキュリティシンポジウム道後2014
今年で3回めとなります。温泉系シンポジウムとか言われている(いない?)中では一番新しいシンポジウムです。道後温泉、すごいいいんですよね…前回の2013は業務で行けずじまいで泣いてましたが、今回はナイトセッション『情報セキュリティ人材育成を考えていこう』というセッションをNAISTの猪俣先生と2人で担当することになりました。
うん、分かる人にはわかると思うんですけども、この組み合わせでこのネタは、越後湯沢WSの2012および2013での車座ネタなんですが、実行委員の森井先生からぜひこのネタで道後でやって、きっと面白いからとお誘いいただきまして、じゃあとお引き受けした次第です。湯沢と道後は参加者層も若干異なりますのでまた違った視点で議論できるかなと思いますし、いろいろとこちら側もネタをほおりこめるように必死で準備してますので、参加者の皆様方と良い議論ができるといいなぁと思ってます。ちなみに老若男女も業務のバックボーンも問いませぬ。ガチな議論ができるといいなと思ってます(煽)。というか、裏番組(同時遂行)のテーマと座長人選が怖すぎて正直ビビってますがなw

でまあ、この道後セッションにおもいっきり関係するのですけども、NISCさんからパブコメがでてます。
次項有「新・情報セキュリティ人材育成プログラム」(案)に関する意見の募集
2014年2月14日に公表して、締切が2014年2月28日の12:00というスピード!!
超速?いや爆速?締めきりっぷりですけども(とか書いたら関係者に叱られそうだけど書く)、そして、なぜ『新』なのか、とかいろいろと言いたいことが沢山出てきますよね?ね?ね?
というわけで、パブコメ出しましょう!モノ申したい人はちゃんとパブコメ書いたほうが良いです。いや、書けないごめんという人は、道後のセッションでモノ申してください。これもネタにするつもりなんでw
・・・いや、作成にご尽力された中の方々はほんとうに大変な内容をおまとめになっていらっしゃることは重々承知しております。。いや本当に。

最後に、このNISCのパブコメにも影響するし今後さらに色んな所に波及するであろう情報として、こんなものも。
次項有IT戦略本部:新戦略推進専門調査会分科会:人材育成分科会
わたし、ぼーっとしてましてこの分科会が作られたの忘れてました。(そういえば聞いた気がしたんだけどもw)
セキュリティ・キャンプがらみでは小泉先生や下村さんが関わっていらっしゃいますし、過去の議事要旨などでもそういった活動についてのお話が意見としてでていらっしゃるようです。
第4回の会合が2/12に行われているようでして、そこの参考資料3:「創造的IT人材育成方針」というのがなかなか興味深いです。こういった内容も、広く今後の情報セキュリティ人材の育成には影響してくると思われますし、現実の小中高における教育→大学等の教育においてかなりいろんな影響が想定できますので、要チェックかなと思っております。
5月ぐらいに原案できそうとのことですのでちょっと楽しみでもあり、いいものを作っていただきたいと願う思いもあり・・・うーん複雑w

まあ、そんなわけですが今日の資料が終わらないのに、仕事は待ってくれそうにありません(涙)。

posted by はなだせんせ at 05:30| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

今年の情報セキュリティワークショップin越後湯沢2013も盛り沢山です。そして参加申込み開始しました。 #cchanabomemo #fb #yuzawaws

都内と高崎との行き来は新幹線利用が多いのですが、さすがに8月にもなると親子連れが目立ちます。特に、平日昼間の子どもさんにとっては良い時間帯でお母さんとお子さんという組み合わせの帰省客っぽい方々をよくお見かけします。お父さんはあとで合流ってところなんでしょうが、お母さん一人で決して言うことなどを聞くはずのない子どもの面倒を見る、しかも新幹線だといろんな方が乗ってるから静かにしてくれない子どもさんに手を焼くなどというのはよくある光景で、乳児をひたすらデッキで抱っこし続けるお母さんなどを見ると、自分のことのように思えてああ〜(´Д`)と思ってしまうわけです。アレはしんどい。。。うちもよく娘を連れて新幹線に乗ってますが、周りの乗客の目が気になってついピリピリムードを漂わせ、逆効果という事も多々あります。乗車中に眠くてぐずるとかもありますし、寝られてしまったら大荷物と13kgを超えた娘を抱えて一人、新幹線の乗り換えをしなければなりません。何時の世も、親って大変だよなぁと思いつつ、今年は行きだけは夫が迎えに来てくれるとのことなので車移動で少し楽ができそうです。


さてさて、情報セキュリティの業界ではすでに恒例と?なっている三大シンポジウム(白浜・越後湯沢・道後)の、唯一名称にシンポジウムがつかない情報セキュリティワークショップin越後湯沢の2013年の参加登録が開始となりましたのでお知らせいたします。

次項有情報セキュリティワークショップin越後湯沢2013
次項有開催日時:2013年10月11日〜12日
次項有2013年度のプログラム詳細
次項有申込用ページ

今年はテーマを、情報セキュリティ対策2.1〜「考える情報セキュリティ」へのステップとしました。トップページに大会委員長の一戸先生からのメッセージと、情報セキュリティ対策2.1という意味合いを込めた図が載せられていますのでそれを読んでいただければわかると思います。が、あえて余分かもしれませんけど私が勝手に付け加えるとするならばこういうことかなと。今、私達がいろいろと取り組んでいる情報セキュリティ対策というものが、結構色んな所で形骸化して思考停止してへんか?そういうの、結局“セキュリティ対策なんてサー”って意見を産んで逆効果になってへんか?っていうそういう、もやっとしたものを引きずり出して、陽のもとにさらして、もやっとしたままにせずにきちんと議論してどうして行くべきなのかを考えようと、そういう意味合いが込められていると、私はそう理解しておりまする。

さて、今年のプログラムについて、中の:花田の勝手な推奨コメントを(ごめんほんとうに勝手なコメントw)
MSの高橋さんがトップバッターです。XP問題はある意味この考えるセキュリティと言う意味においては最もふさわしいものではないかと思うわけです。高橋さんのお話はわかりやすいしおもろいのでホント前泊していただいたり、始発で越後湯沢に駆けつけていただくことをおすすめしますよ。
岩井さんにはかなり技術的な話をお願いしております。湯沢はあんまり技術系じゃないよね―という方々も十分ご満足いただけるのではないかと思っております。
企業団体セッションのあとは、お待たせしましたマイナンバー関係です。結構この手の話をご期待されていらっしゃる方も多いかなと思います(というかよくそう言われますw)。まだ調整中なので公表できませんが(ごめんなさい)、ご期待くださいませ。
各自ご夕食などをすまされましたら、夜の会場にお集まりくださいませ。名刺交換会を予定しております。
そして、今年は夜の車座会議の時間を早めました。以前より、車座会議とても面白いけど終わり遅すぎて温泉楽しめないとかってご意見もちらほら聞いておりまして、まあいろいろと調整もさせて頂きまして、開始を19時よりとさせていただいております。内容はガッツリ2Hです。
車座会議ですが、かなーりかなーり力を入れさせていただいております。
守屋さんと一戸先生のソーシャルメディア車座(と勝手に省略)は、ソーシャルメディアでいろんな地域コミュニティの形成に尽力されている一戸先生とソーシャルメディア(特にFB)関係のセキュリティ・情報倫理に大変精通している守屋さんとで構成予定です。面白そうなので参加したいです(無理なんだけど>自分w)。
辻さんと前田さんと橘さんの車座は、白浜でオープンセッションとして最終日のあとにおこなわれたまっちゃセッションの続編をイメージしつつ、湯沢色が加わるんだろうと思うととてもよだれモノです。Anonymous動向などに詳しい辻さんとウィルスベンダーに籍をおく前田さんと所属企業のCSIRTという立場の橘さんが構成する車座、すごく興味があります(でも参加できん!>自分w)
猪俣先生と私がタッグを組んで2年目に突入する人材育成車座は、今年もセキュリティ人材のキャリア形成と人材育成のあり方についてガチで議論します。実は、猪俣先生とわたくしは、今現在、文科省のプロジェクトであるenPiT-Securityに関与しております(猪俣先生は教員、私はアドバイザリー委員)。そういった立場から、キャリアの長い方々のいろんな経験も踏まえつつ、なるべく若い人たちが役立つようなそういった車座にしようと燃えております。燃え尽きないようにがんばります。これから人材育成に悩んでいるような公的機関の方とかも大歓迎ですよ。
ISACAでSecurity Assuaranceといえば鳥越さんといわれるぐらい(?)この分野に精通した鳥越さんが仕切るアシュアランス車座(と勝手に命名)は、セキュリティマネジメントってどの程度までやるべきなの?的なリアルな生々しい悩みを抱えた方にピッタリです。いや、セキュリティマネジメントなんてやんなくていいよ、企業は利益大事だよ、セキュリティなんてカネかけてられるかぼけぇ的なご意見の方もぜひ来てくださいとの座長のお言葉でした(あってるよね?)。正直ココも行きたい車座の一つです(行けないんだけどw)。
楠さんの社会保障・税番号制度車座ですがここも2年目突入的な感じでしょうか。マイナンバーがらみでいろんな問題が出てきておりますが、ちゃんときちんと丁寧に(ココ重要)議論していくことが大事です。ここもすっごく興味津々なんです(だから無理だって>自分)。
最後は、国家のセキュリティについて議論する部屋です。サイバーセキュリティ戦略・サイバーセキュリティ2013等などを扱う予定ですが、ちょっと座長の方のスケジュールの調整中です。もしかするとー、ちょっとなくなってしまうかもしれませんがーセキュリティ戦略はどこの車座でも触れるのでそこはご安心を。

車座、どれも面白そうですよね―。車座は21時に終わりますが、そのあとしゃべりたりねーってかたはたぶんきっとどこかでずっと喋ってると思います多分わたしがwww
(我ながら、2日間司会して夜通し喋ってるのタフだと思うもんw)

ちなみに、毎年言われるんですがw、車座の座長をお願いすると、
「他にどんな車座があるんですか?」
「〜〜と〜〜と〜〜と・・・」
「わー、自分、むしろ〜〜さんの車座行きたいですよ、ダメですか?」
「ダメです(白目)」
みたいな会話が繰り広げられるのは、毎度のことですw

二日目、9:20より開始なんで、早起きしてくださいねww
あと、10月の越後湯沢って夜冷えるんで、ちゃんと暖かい格好も用意しておいてくださいね。(これまじ)

さて、二日目トップバッターは赤堀先生です。個人情報のおもらし事案とか多発しててうがーとかなってておかげで色々と大変な目に合われていたり利便性悪くなったりいろいろと苦しまれている方多いと思いますが、意外と当たり前なのに忘れられているのが保険です。リスク管理といえば保険だろと、どの教科書にも書いてありますが、意外とそれ忘れてるんですwそういう話を中心に聞けるはずです!
協賛企業PRをはさんで、初日の車座でも大活躍して下さる予定の守屋さんのSNSとセキュリティのお話があります。これも楽しみですね!
お昼を挟んで、企業・団体セッションがあります。
その後、警察関係の方の講演を予定しています。現在調整中です。
最後の講演がiisecの原田先生です。ISO/IEC27001/27002の改訂がほぼ決着するこの時期に、委員である原田先生からいろいろと裏の話しまでお聞きできるとはとてもとても垂涎モノですよね。今回の改訂内容は結構いろんなセキュリティポリシーなどの運用に影響するのかなと個人的には思っておりますので、私としては非常に関心高いです(すいません、個人的な事情でw)。

最後が、総括セッションです。総括セッションでは、皆さんにプレゼントとしてお持ちいただけるような内容を(ものではなく情報)現在実行委員会を中心に検討をしております。お楽しみください。私のゼミの学生たちも直接的に関わっているものです。なお、ゼミの学生たちが取り組んだ内容については、10月末に開催されるコンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)高松において発表する予定ですが、その内容が先に明らかになるのは越後湯沢WSだったりします。今それの準備もあって私は死にそうになってますけどね!!!

総括セッションのあとは、フェアウェルパーティです。今年はちょっと会場を例年の会場ではない場所で開催する予定にしておりまして、現在調整中です。近日中にはお知らせできると思います。


というわけで、勝手に越後湯沢WSについてあれこれ書きましたが、今年も盛りだくさんで予定しておりますので是非皆さんお越しくださいということと、参加登録はマジでお早めに!ということがどうしてもいいたいです。
posted by はなだせんせ at 17:14| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セキュリティキャンプ中央大会まであと4日&9月末にミニキャンプを福岡で開催&SECCONも始まるよ! #fb #cchanabomemo #seccamp

今週後半になって日本も暑い夏がやって来ましたね。本当に暑いです。子どもと一緒に汗垂れ流しております。
さて、夏といえば、そう、キャンプ。先日、友人が誘ってくれまして娘とキャンプに行きバーベキューやテントで寝たりそのあとお風呂屋さんにいったりと楽しんできました。娘もたいそう喜んでおりまして、「ままー、またおふろやさんにいこうねー」と何度もいうております・・・ってキミそれ微妙にちゃうwww

キャンプといえば、そう、セキュリティ・キャンプ中央大会2013です!
http://www.ipa.go.jp/jinzai/renkei/camp2013/index.html

8月13日から17日まで、4泊5日の日程で千葉県のクロスウェーブ幕張にて開催予定です。
わたくしも昨年よりこれの主催のセキュリティキャンプ実施協議会の顧問なぞをしておりまして、そんな感じでご縁ありましてセキュリティキャンプの企画実行委員などをやらせていただいております。
日頃からとてもとてもお忙しい講師陣の方々が、キャンプに向けて昼夜問わず準備されていらっしゃるのをこうなまあたたかく見ながら、たまっていくサイボウズLiveの未読をエイっと消す読みあれこれ調整をさせていただくだけの簡単なお仕事をしております。いえ、いま、採点の祭典でそれなりに忙しいのですからww
すでにキャンプに参加されるキャンパーのみなさまにはいろいろな諸連絡が届き、事前学習の各司令が通達され、当日どんなものが待っているのだろうと大変ドキドキなさっていらっしゃるのではないかと思いますが、まずは体調を万全に整えていただき、旅行準備をきちんと整え、無理なさらないように安全に当日お越しいただけるよう、切に願っております。スタッフ側に嵐を呼ぶがいるからなのかは都市伝説で定かではありませんが、わりと初日とかによく大雨が降って新幹線が止まったりすることがままあるとかないとかという話がありまして、そういえば、昨年はわたしはおかげで新幹線でずっと立ちっぱだったとか思い返すわけですが、きっと大丈夫です(ぇ)。
・・・とまあ冗談はさておき、何かあっても必ず連絡を適切なタイミングでとり、代替案を検討し、身の安全を適切にはかるというのは、セキュリティを志す人達には共通のそして永遠のテーマですから、ご連絡している連絡先等を印刷してすぐに見える所においておかれると良いかと思います。マニュアルとかね。あとは移動中のバッテリーとかも意外と大事でございます。


さて、今年のセキュリティキャンプは参加できなかったけど将来参加してみたいなとおもわれる方、その他関心をお持ちの皆様、お待たせいたしました。9月末に福岡でミニキャンプを開催します。

次項有セキュリティ・ミニキャンプ in 福岡
次項有開催日:2013年9月28日(土)〜29日(日)
詳しい内容は、↓このPDFを見ていただければなんですが(すいませんPDFで)、初日はどなたでも参加できる形式で進めまして、二日目はPDFに記載された形(要するに原則的にはセキュリティキャンプの対象となる若い生徒学生さんである程度の技能がある方)でメンバーを絞って実際のキャンプでやるような内容をもう少しぎゅっと縮小した形でハンズオンありでお話するというそういう感じの内容になります。
http://www.security-camp.org/news/guidance_fukuoka.pdf

中の人からの連絡によると、まだ十分な空きがあるそうです。ぜひご参加くださいませ。
あと、学校関係の方とか、企業関係の方とか、初日の方はご参加いただけますので、ぜひセキュリティキャンプってどんな感じでやってるの?的なものもいろいろと御感じになられる方多いと思いますから、そちらだけでもどうでしょうか?
お待ちしております。


えーそれから、9月まで待てへんわ―って方、8月のこんなのはどうでしょう?
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1308/05/news124.html

6月に今年のSECCONについて竹迫委員長からどーんっと説明がありましたが、
次項有セキュリティコンテスト「SECCON 2013」開催概要
その第1段、関東大会(8月22日〜23日、横浜)の募集が開始となったそうですよー。
次項有第1回 SECCON 2013 横浜大会の募集を開始しました


セキュリティ業界はこれから先、かなりいろんなイベントが待ち構えておりますが、全部フル参戦してたら相当に大変なことになるとかならないとかやっぱりなるとか・・・。
posted by はなだせんせ at 16:06| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

「セキュリティ・キャンプ中央大会2013」の締切は6/10(月)の17時です。みんな応募してね!! #seccamp #spcamp #fb #cchanabomemo

先日、このブログでも紹介した「セキュリティ・キャンプ中央大会2013」ですが、そろそろ締切が迫って来ました。
http://hanaken.seesaa.net/article/361060169.html

締切は、2013年6月10日(月)の17時です。
17時必着です。
なお、よくありがちな質問として「サモア時間ですか?」というのがありますが、日本時間です(キリッ)。

まだ、迷われている方はぜひこの週末に申込用紙に取り組んでいただいて、ご応募ください。
6/10の申し込みですが、なかのひとにお聞きしたところ、例年殺到するようです。
応募用紙を受領された場合には、なかのひとから確認メールを送信するようにしておりますが、殺到する関係で少し遅れる場合もあります。2日以内に確認メールがとどかない場合は、連絡先の方に連絡してみてくださいね。

昨年、私も実行委員として初めて参加させて頂きましたが、キャンパーたちの最初は少し不安げな感じが、仲間ができ、とってもフレンドリーだけど講義内容は超大変な講師陣(業界を代表する人たち)からの講義と、実際の解析や実装などの実作業、特別講師からの講義やCTF、BOFやグループワークなどを通じて、大変だったけど楽しかった!!!!!!!!というそんな笑顔を見れたのはとても有益だったなと思いました。
健康面・安全面などについては、全面的にスタッフが責任をもって対応させて頂きますので、どうぞご安心ください。気になるような点がありましたら(特に保護者様など)、積極的にお問い合わせいただければと思います。

応募お待ちしております!
posted by はなだせんせ at 15:59| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

「セキュリティ・キャンプ中央大会2013」今年もやります!みんな応募してね!! #seccamp #spcamp #fb #cchanabomemo

今年も「セキュリティ・キャンプ中央大会2013」をやります。やりますやります!
今年も、IPAさんとセキュリティ・キャンプ実施協議会さんとの共催です。
https://www.ipa.go.jp/jinzai/renkei/camp2013/index.html

今年も企画・実行委員のひとりとして末席ではありますが、関与させてもらっております。
どぞ、みなさんまずはチャレンジしてみてください。
講師の先生は今年もホンマにおもろいです。マジでおもろいです。やばいですまじで。

これってどんなん?って思う人、この動画チャネルの先生方の暑苦しい熱いメッセージを是非ご覧あれ。
http://www.youtube.com/user/securitycampjapan/videos/

(今年の動画は、広報WG主査:まっちゃだいふくの力作でもありまする。)
posted by はなだせんせ at 17:32| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

写真で新島短大の生活を"まったり"切り取るプロジェクト『niitangram』(ニイタングラム)がゆるゆると始まっています。 #niitan #cchanabomemo #fb

みなさんこんにちは。
最近は、学生のTwitterユーザが7割を超え、スマホ所有率も6割近くになり、楽しげな写真があちこちでUPされてシェアされているなと感じてます。
そんな中、昨年からお知り合いの一戸先生@敬和学園大学がスマフォアプリのInstagramを使った写真共有プロジェクトをやっていて、学生さんも敬和学園大学の中の人(公式)さんもノリノリで楽しそうだなと、指を加えてみていました。
http://shinyai.com/keiwastagram/

で、あまりにも羨ましかったので、うちでも真似たプロジェクトを勝手に始めることにしました。
発起人はわたし。管理者は2013年度春学期は花田Aゼミ、秋学期は花田Fゼミのメンバーです。

その名も、
Niitangram(ニイタングラム)


新島短大の学生ならだれでも参加可能。
写真は基本なんでもOK。公開出来る写真、に限りますが、ネタ写真でも真面目写真でも大丈夫です。
スマフォ持ってる人も、持ってなくてガラケーしかないって人もカメラさえあれば参加可能。
短大内外での活動をどんどんまったりと切り取ってみんなでシェアして、学内で眺めて遊びましょう!!




では、参加方法を。。。

<参加方法>
1Twitterアカウントを持ってる人は、Twitterの @niitangram をフォローしましょう。
2写真を撮る!(公開できる写真にしてね。ネタ写真もOKよ)
3Twitterユーザは写真をツイート。 @niitangram あてにリプしましょう!
4Twitter使ってない人は、写メールで下記へ。
  ●写真の宛先: niitangram_at_niitan.jp (← _at_ を @ にかえて送ってね)
  ●写真の件名: 投稿用ニックネーム
  ●写真の本文: 写真本体と投稿用コメント(一言)
5投稿された写真はグレース食堂に掲載予定なので、“イイネ”の投票をする。(シールをはります)
6月間で一番シールが貼られたものには豪華賞品を進呈!

面白くて楽しい写真にはみんなで投票(いいね!)をします。
グレースホールの食堂前にはりだしますので、写真をとるのはちょっと・・・という方も投票にはご参加ください。

月間でNo.1の写真投稿者には、花田から花田ゼミを代表して豪華賞品をプレゼントします。
豪華賞品は、、、、まだ内緒(笑)。
posted by はなだせんせ at 16:08| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

“セキュリティ・ミニキャンプ in 福岡”が1/19-1/20に開催予定! #fb #seccamp

セキュリティキャンプ中央大会とは別に、“セキュリティ・ミニキャンプ”が福岡で開催されますので、興味のある方、特にセキュリティキャンプに参加したかったけどなかなかそういう機会もなくてーとか、応募してみたんだけどダメだったのグスン、という方は応募してみるといいかも!

次項有セキュリティ・ミニキャンプ in 福岡
期日:2013年1月19日〜20日
場所:デジタルハリウッド福岡校

開催概要:http://www.security-camp.org/news/summary.pdf
申込要領:http://www.security-camp.org/news/guide.txt

受験生の方にはちょっとごめんなさい的日程ですが、ぜひ、福岡周辺の方の積極的なご参加をお待ちしてます。
あと、興味がありそうな学生・生徒さん、先生方にこの情報をまわしていただけますとありがたいです。

posted by はなだせんせ at 13:39| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

第01回北関東情報セキュリティ勉強会が12/8に行われます。

私も実行委員として関与させていただいたセキュリティ・キャンプ中央大会2012が終わってからあっという間に数ヶ月たちましたが、キャンプの卒業生たちを中心に、地元でもっと勉強会をやりたいよね、という声がふつふつと沸き上がってきています。東京ならいろいろと勉強会もあるのですが、地方に住む学生さん・生徒さんには交通費だけでも痛い出費となりますので、そういう学生さんがあまり高い交通費をかけなくても地元で・・・ということもあり、じゃあ、“Youたち勉強会立ち上げちゃいナYO!”とかいう悪い大人が複数いましてw、立ち上げることとなりました。

その名も、 北関東情報セキュリティ勉強会 です。

とりあえず、北関東に該当する、群馬・栃木・茨木の三県を中心とした勉強会です。
情報セキュリティということを特色にしますが、もちろん広くIT系の勉強会という感じで行く事になるのではないかと思われます(だってまだそんなにいろんな事決まってないしw)。
学生さんや生徒さんが勉強会に参加することを応援できるように、LTとか企画とかをじゃんじゃん関与してもらえるような形がいいなと思い、私もたいしたことはないのですが少しサポートをさせてもらってます。あとは、勉強会では超有名なまっちゃだいふくさんも、関与していただいております。

とりあえず、第1回の日程が決まっております。
次項有第01回北関東情報セキュリティ勉強会
12月8日(土)です。
今回の会場は、うち・・・つまり新島学園短期大学です。
今回は、Androidのセキュリティでは超有名な(株)ラックの山城さんにお越しいただく予定です。
ちなみに、山城さんはセキュリティ・キャンプの卒業生でもあります。セキュリティ・キャンプに興味のある方はぜひお越しくだされば、いろいろとお話出来るのではないかと思いまする。
現在、人数にかなりの余裕がありますので、社会人・学生・生徒問わずぜひご参加ください。
お待ちしております。(お申込みくださいねー)
勉強会ってなに?的な方も、全然OKです。かく言う私も、そんなに勉強会にガツガツ参加してるわけではありませんから。
LTやりたい人も是非募集中です。

群馬県は、グンマーとかいわれてパスポート必要なんじゃ?とか思われておりますが(笑)、大丈夫です。当日に限って不要です(笑)。
それから、公共交通機関がたいへん寂しい群馬県ですので、自家用車等の来学も可能です。駐車場あります。

会場は、Wi-Fiのご提供はありませんが、WiMAX等は多分入ると思います。
電源は、少しですが提供可能です。御参考までに。

当日お越しいただいた方に、全員は難しいかもしれませんが、本学特製のオリジナルクリスマスカードを進呈いたします。
また、当日は本学のクリスマスツリーもご覧にいただけるのではないかと思います。
ぜひぜひ、おこしください。お待ちしております。
posted by はなだせんせ at 11:39| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

セキュリティ・キャンプ中央大会2012の申込締切は本日17時までです!

こっちのブログの更新が途絶えておりますが、ちゃんと生きて生活しております。家族(夫&子)も元気に過ごしております。仕事(教育・研究・校務・雑務w)もやっておりまする。(もう一個のブログにTwitterでのログが流れているので日常なにしてるのかはわかるかとは思いますがw)

最近は、システム監査人のキャリアデザイン研究の派生で情報セキュリティ人材のキャリアデザイン研究にシフトしてきています。いろんな方のキャリアをヒアリングさせて頂いてますが、なかなか面白いデータが集まりつつありいろんな場で発表させていただこうと思っております。家族、特に幼い子持ちで仕事と研究を続けておりますので、できることに限度がありますが、持続可能な範囲で様々な分野に関与させていただいております。そんな中で、昨今なぜかはやってしまっている情報セキュリティ人材の育成とやらにも仕事上関与してたりしますが、まあ、これも何かのご縁かとお引き受けさせていただいております。

国などが主導で、数年前より“セキュリティキャンプ”という名のIT技術の中でも特にセキュリティの関連技能を保有した若い世代の生徒さん、学生さんを対象とした勉強?イベントが毎年夏に開催されております。有能な才能を持つ若い人達に、日本国内の超一流のIT技術者・セキュリティ技術者が先生となってキャンプ形式で集中的にいろんなつきぬけた技術を伝授するという(しかもタダ)大変おいしいイベントです。私のようなやや年寄りwがもうあと少し遅く生まれてきたらこれに参加できたのにと思うぐらいに垂涎モノです。出る杭は打たれるのが通例の日本で、出る才能をより伸ばすということを目的にしたイベントは大変めずらしいのではないかと思っておりますが、今年度からこれに実行委員として関与することになりました。どうぞよろしくお願いします。

で、今年ももちろん行われます。
2012年8月14日〜18日まで、幕張セミナーハウスを講義会場にして行われます。
次項有セキュリティ・キャンプ中央大会2012(主催の一つ、IPAさんのサイト)
次項有セキュリティ・キャンプ中央大会2012(主催の一つ、セキュリティキャンプ実施協議会さんのサイト)
(注:上記2つは内容はどちらもほぼ同じです…)

まずはじめに、日程が当初の予定と異なってしまい、応募予定のみなさま、およびチューターとしてキャンプに協力して頂く予定だったみなさま、そして講師の先生方に大変ご迷惑をお掛けしてしまったことを、実行委員の一人としてお詫び申し上げます。
また、2つサイトがあって見づらい、というご意見を多々頂いております。すでにいろんな方々がご説明済みですが、今年度からIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)さんと、民間のセキュリティ企業・IT企業で形成されたセキュリティキャンプ実施協議会さんの共同でこのキャンプの事業が実施されます。そんなわけで、2つのサイトが作られているだけでございますので、どうぞそういう大人の事情をご理解くださいw

今期から、TwitterとFacebookでも情報発信してます。
次項有Twitter
次項有Facebookページ

で、このブログで最も言いたいことは、

セキュリティ・キャンプ中央大会2012の申込締切は本日17時までです!

ということだったりしますw
応募予定の皆様の最後の駆け込み申し込みを、心よりお待ち申し上げております。
応募用紙の内容がわかんねーというご意見も多々ありますが、まずは熱い思いを応募用紙にぶつけて出していただければ、きっと選考に携わる方々に伝わるのではないかと思います。

下記とかも、ご参考に・・・。
次項有講師の先生方からのメッセージとクラスの紹介
次項有ScanNetSecurityの宮本講師WG主査のインタビュー記事:「高度IT人材の発掘〜セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件」

posted by はなだせんせ at 10:45| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 2011が今週金曜日から始まるYo!!!

暑かった夏が過ぎて秋がやってきました。職場復帰してから毎日娘との二人暮らし(注:子連れ単身赴任中なため)の中でバタバタバタバタ生活しています。ふと、研究室の外から香ってくる金木犀の花に癒されるようになりました。いい季節ですねぇ。。。

そんな天高く・・・秋といえば、そう、越後湯沢です。情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢ですよ。もう、セキュリティ業界では常識のはず!(ということに勝手にしてますw)

今年ももちろん開催されます。今週末の10/7から10/8に新潟県の越後湯沢温泉にて開催ですよ。
参加される皆様方、ご準備はいかがですか?結構朝晩冷えますからね、暖かいかっこうをご用意くださいね。

え、まだ参加表明してない?早くしちゃってください!

次項有情報セキュリティワークショップin越後湯沢 2011
次項有Facebookページ:情報セキュリティワークショップin越後湯沢 2011

前日10/6夜に関連イベントを開催しています。こちらも引き続き募集しています。
次項有越後湯沢ソーシャルメディア交流会


今年のテーマは、「てのひらにセキュリティを!〜!ひとりのリスクはみんなのリスク〜」としました。スマートフォンやタブレット端末などのデバイスの普及やTwitterやFacebookなどをはじめとしたソーシャルメディアの浸透が、私たちの生活に多大な影響をもたらしています。こういった環境下では今まで以上にリスクに対して注意を払っていく必要性がでていますので、まずはそういった観点からの検討を行っていきたいと考えています。もうひとつ、東日本大震災をきっかけにソーシャルメディアとどう付き合っていくのかという視点がかなりクローズアップされてきています。加えて、昨年もテーマとして取り上げたBCP・BCMが、実際にどうだったのかという点で検証をしていく必要性がでてきています。他にも、最近話題のセキュリティに関するトピックスなど、われわれが考えなければならない点はたくさんあります。
このような多彩な問題点について、さまざまな講師陣にお話しいただく予定です。参加者も含めた深い議論につながる二日間であることを、運営担当者としては願っています。

今年は例年の3日間開催を2日開催に凝縮して(講演時間数は変わってません)みました。参加者の皆様にとっては参加しやすくなったのではないかと思う反面、夜の部が若干少なくなってしまうことが残念ではあります。
その分、車座会議をより一層こいいものにしていきたいと考えています。

車座会議といえば、今年はわたしも車座会議の座長をさせていただくことになりました。
「セキュ女子とセキュリティキャリアについて語ろう!」というタイトルで、まるちゃんこと丸山満彦さんと座長をする予定です。今まで、車座で教育関係について語ったことはありますが、"セキュ女子"ことセキュリティ業界の女性問題やセキュリティ人材の"キャリア"についてとりあげたことはありません。セキュリティ業界で女性を含めた多種多様な人材が働くにはどうしたらいいか、男女問わず自身と今後を担う人材のキャリアをどうデザインしていくのか等、業界・経営者・教育といった視点から議論していけたらなと考えています。
前の記事でも取り上げましたが、IPAさんからIT人材白書がらみでいろいろと調査結果がでていますし、NISCからは『情報セキュリティ人材育成プログラム』(注:PDF)が出ていますから、人材の話はこれからの情報セキュリティにおいてとても重要だと考えています。そして、人材の話や教育の話をしていく上で前提となるのが、それぞれのキャリアをどう意識づけしていくのかという意味での“キャリアデザイン”の視点ではないでしょうか。これらについて、参加者といろんな議論ができればいいなぁと考えておりますので、どうぞ参加される方、この“セキュ女子部屋”にご参加ください。"女子"だけではなく、男性も議論に参加していただきたいですね!

なにはともあれ、参加される皆さまが安全であり、かつ充実した二日間となるように、運営側としても最大限努力していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いします。

越後湯沢温泉にて、お会いしましょう!!
posted by はなだせんせ at 14:13| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

iisecのオープンキャンパス(5/21)、白浜シンポジウム(5/26-28)

なかなかブログを更新していませんけど元気に過ごしております。5月、6月は魅力的な会合などがたくさん開催されるので、あちこちに出かけたいところですが、育休中の身でなかなか思うように身動きが取れず、身悶えしております。

先日、情報セキュリティ大学院大学(iisec)の教授でもある原田要之助先生からご紹介を頂いたのが、情報セキュリティ大学院大学の春季オープンキャンパスです。iisecは、業界関係者の多くが教鞭を取られたり、あるいは在籍して研究をされたりしていますので、注目されている学校の一つですね。

次項有情報セキュリティ大学院大学
2011春季オープンキャンパス開催のお知らせ

模擬授業がスゴイですね・・・ある意味、下手なセミナーにお金払って行くよりもお得かもしれませんw
しかし、お一人30分とはこれまたもったいない・・・1時間は欲しいところですね。でも、そうなるとオープンキャンパスの模擬授業ではなくなりますけどね(笑)。
オープンキャンパスではありませんけど、今年から日大の堀江先生とトーマツの丸山さんが合同でやる講義もあるのだそうで…これまたなんとヨダレが出そうなぐらい聞きたいですね。掃除婦に化けて教室の端っこでお聞きしていたいぐらいウラヤマシイです(笑)。


もう一つ、こちらもご紹介がてら。春の白浜シンポジウムです。
次項有第15回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム

今年のテーマは「クラウド時代のセキュリティ対策」ということですが、もうネタには困らないぐらいここ数カ月間にあれこれありすぎますよね。きっと、夜のセッションが盛り上がることは言うまでもないでしょう。

・・・行きたいなぁ(ボソ)。
posted by はなだせんせ at 17:11| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

29SEC2011のLTネタ

29SEC2011のLTの様子。当日は、TwitCastingの録画で放映しましたが、USTの録画のほうが画像が鮮明なので、こちらを貼りつけておきます。

http://www.ustream.tv/recorded/12564243

なお、当日に使用した資料の公開は終了しましたのであしからず。
posted by はなだせんせ at 15:16| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

「セキュア・ジャパン2010(仮称)」パブコメ募集

世の中ははやぶさの活躍に感涙し(ワタシも感涙しました...)、W杯で盛り上がっていますが、私はいろいろな関係でバタバタと生活してます。おかげで、講義関係以外の業務(ISACAとか、学会関係とかそういった方面)が随分滞っている状況です...あいすみません...あと、コメントへの返信とかも...そのうちします、はい(^_^;

NISC(内閣官房情報セキュリティセンター)が、“セキュア・ジャパン2010”についてパブコメを募集しています。
5月に発表された“国民を守る情報セキュリティ戦略”なども念頭においての内容ですが、チラ見した感じでは今までの“セキュア・ジャパン”とは違ってきているような...気がするので、もう少しガン見しないといけませんね。

次項有NISC(内閣官房情報セキュリティセンター)
「セキュア・ジャパン2010(仮称)」(案)に関する意見の募集
「セキュア・ジャパン2010(仮称)」(本文:PDF)

パブリックコメントの募集は、6月28日までです...募集期間短ッって思ったのは私だけですかね(笑)。
posted by はなだせんせ at 07:13| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

白浜シンポジウムが6/3〜6/5の日程で開催中です。

ここ数日は晴れの夏日が続いていますね…。暑いのが結構苦手なので、熱すぎると稼働率が下がりますのであしからず。。。

さて、私が今年度から実行副委員長として関与している“情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢”の兄弟イベントでもある、“サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム”(通称:白浜シンポ)が、和歌山県の南紀白浜温泉周辺(メイン会場は、和歌山県立情報交流センターBig・U)で開催されています。
もうすでに、昨日の午後から2つの講演とBOF(分野別会合)、セキュリティ夜話などのイベントが行われたそうです。
この手のイベントは、皆さんボランティアで運営されていますので、本当に大変なのですが、講師と参加者と運営側の一体感が楽しめて、勉強にもなり、自分自身の人脈の幅がひろがるというメリットも多数ありますね。

次項有“サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム”(通称:白浜シンポ)

今年こそは!と参加する気満々でいたのですが(南紀白浜なら確実に宿泊できるところもあるので)、残念ながら体調的な諸事情により断念させていただくこととなりました。まぁ、今は正直大人しくしていないと色々大変なので、やむを得ません。来年こそは…と思っていますが、今の現状からすれば先のお約束などできませぬのであしからず…。

さて、そんな参加出来ないかわいそうな私のような人達にも、あちらの事務局・関係者の皆様から、Twitterを活用した情報提供と、“ダダ漏れ”(USTによる動画配信)のプレゼントがあるそうです。

次項有白浜シンポジウム事務局:Twitterアカウント @shirahama_sympo
今年度のハッシュタグは、#sccs2010 だそうです。
事務局さんがいうには、土曜日午前のパネルディスカッションではTwitterでのつっこみOKだそうです。

次項有白浜シンポジウムUstream中継

セキュリティネタはオフレコ(オフレコにしないと話せない話題)も多いので、完全な中継にはならないとは思いますが、雰囲気を見るにはいいかなと思いました。越後湯沢WSでもUSTは前向きに検討してますのでお楽しみに(^_^)
でもまぁ、一番いいのは、イベントに参加することなんですけどね!

…行きたかったなぁ(溜息)。
posted by はなだせんせ at 07:53| 群馬 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

システム監査企業台帳、情報セキュリティ監査企業台帳、今年度の登録開始。

昨年から、システム監査人に関するキャリアデザインの研究を初めていまして、業界関係者のみなさまにあれこれヒアリングを進めています。
その研究から少し派生して、システム監査に関しても歴史的な取りまとめを進めています。結構過去の資料に今に至るまでの普遍的なテーマが取り上げられているので、これらを埋もれさせてはイカンなぁと思うわけです。

さて、そんなシステム監査について随分前から進められている活動の一環が、経済産業省が中心となって取り組まれている“システム監査企業台帳制度”です。情報セキュリティ監査制度が登場してからは、これに加えて“情報セキュリティ監査企業台帳制度”もできましたね。
今年度の登録が開始されましたので、ご紹介しておきます。

次項有経済産業省
平成22年度「システム監査企業台帳」申告についてのお知らせ
システム監査企業台帳 サイト
平成22年度「情報セキュリティ監査企業台帳」申告についてのお知らせ
情報セキュリティ監査企業台帳 サイト

posted by はなだせんせ at 09:38| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IPA&JPCERT/CCから:制御系システムのセキュリティについて調査報告書が出ています。

あっという間に6月…バタバタと慌ただしく過ごしています。いろいろやりたいこと、やらねばならないことががありますが、体調的な問題もあり追いついていません。ワタシの中では、今日はまだ5月33日の気分です(汗)。

さて、JPCERT/CCさんとIPAさんから、制御系システムのセキュリティに付いて調査報告書が出ています。私は、父の職業がFA(ファクトリーオートメーション)企業の経営者ということもあり、父自身が制御盤から1980年代に工業用ロボットを含めたシステム分野に進出した技術者であったこともあり、この手の分野にはいろんな意味で興味があります。
ということで、この調査報告書もじっくりとガン見する予定です。

次項有IPA
プレス発表
「制御システムセキュリティの信頼性とセキュリティへの取組み強化への提言」〜「制御システムセキュリティの推進施策に関する調査報告書」の公開〜


今後、セキュリティ系で最も関心を集めるテーマだと思うので、いろんな人に関心を持ってもらいたいですね。
posted by はなだせんせ at 09:29| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

総務省から『スマート・クラウド研究会報告書』が公表されています。

流行りばかりを追っているつもりはありませんが、私の担当科目の性質上新しい内容を反映していくことは当然必要になります。そういう事情から、昨年からはクラウドコンピューティングについても講義でちょこちょこと取り上げています。学生も、目新しさなのか、インパクトが大きいのかは分かりませんが、クラウドについてはある一定の関心は持っているみたいです。

総務省が、5月17日に『スマート・クラウド研究会報告書』を公表しています。これは、2月上旬〜3月上旬に公表した中間報告に対するパブコメ結果を反映させたものとのことです。
次項有総務省
「スマート・クラウド研究会報告書」の公表
スマート・クラウド研究会報告書(本文)(PDF)
スマート・クラウド研究会報告書参考資料(PDF)

これらの資料については、高崎経済大:情報科学と、新島短大:情報システム論において、少し紹介させてもらいました。履修学生の皆さんは、ぜひ目を通しておいてください。
まだまだ続きがあるよ。クリックして読んでみて!
posted by はなだせんせ at 23:33| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

ISACA国際本部からクラウドに関する調査結果(南米のお話)が出ています。

GWを過ぎたら急に暑くなってきて、雨が降ると蒸し暑くて、暑いのが大の苦手な私には少々ツライ季節が近づいているのを日々感じています…体調を崩しやすいので気をつけねばなりませんねぇ。

さて、ISACA国際本部からあちら時間の5/18付けで、クラウドに関する下記の調査結果が出ています。南米の話なのですが、ちょっと面白いなあと思いましたのでアップしておきます。

次項有ISACA国際本部
ISACA Survey: Latin America Embracing Cloud Computing
More Readily Than North America and Europe

2010 ISACA IT Risk/Reward Barometer―Latin America Edition(PDF)

南米の調査結果と言うことで紹介されてますが、さきに発表している北米・欧州の結果と比較すると南米の方がクラウドを利用する傾向が強いようんぬんという話になるそうですな。
実際はどうなのかなぁ…と。私は南米方面はからっきしわかりませんので、ちょっとそのあたりの情報は欲しいところです。

今年のISACA国際のカンファレンスはメキシコなので、その際にもかなり話題として取り上げられそうですね。

今後、アジアの状況などの調査結果も出るのかなぁ…。
そういう意味ではちょっと面白い調査とも言えます。あまり、全世界的に調査されたデータってないと思うので。
posted by はなだせんせ at 10:58| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。