2009年08月13日

平成20年特定サービス産業実態調査の速報がでてます。

火曜日朝は地震で跳び起きたりしてました...未だに寝てる最中にぐらっとくるのはダメです。台湾地震後遺症とでもいうのか、怖くて...心臓に毛が生えてるとかよく言われてますが、本当は怖がりなんですよ!とか弱いところを見せておきます(笑)。

さて、私は13日から休暇に入ります。詳細は上のエントリで書いてありますのでご参考までに。休暇のためには何としてでも片づけておかねばならない案件をやっつけていてこの時間。明日のお昼には両親が来るそうなのでそのまま旅行をしつつ、姉夫婦とも合流しつつ、帰省する予定です。
あちらではゆっくりと?論文を書くつもりですし、いくつか名古屋方面である方々へのヒアリングを実施しようとしてますので、本当の意味での休暇ではありません(でも有休申請してるんですがw)。そんなわけですから、あまりみなさま研究以外の仕事をふったりしないでくださいね...特に校務とISACA方面(笑)。

経済産業省から、継続的に公表されている統計データの一つである『特定サービス産業実態調査』の平成20年度の速報データが公表されていますので、掲載しておきます。

次項有経済産業省:統計表
平成20年特定サービス産業実態調査(速報)

ソフトウェア業、情報処理・提供サービス業、インターネット附随サービス業などの統計データが出てますので、学生さんはレポートやゼミ論などにご利用ください。
概況はチラ見しましたが、なかなか面白いなと感じました。でも、何がどう面白いかについては、もうへとへとなのでスルーします(笑)。


明日から旅行中はドライバーの人です。黙って安全運転してくれる婿さん候補募集中...ただし審査は厳しいですから覚悟の上で(笑)。

では、みなさんよい夏休みを!
posted by はなだせんせ at 02:28| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

出会い系サイトに関係した事件の検挙状況(警察庁)

採点が終われば夏休み〜と自分に言い聞かせて仕事してますが、夏休みだからと言ってのほほんと過ごせません。2本ほど書かねばならない案件を抱えてますし、その他もろもろ...帰省中も土日を中心に予定が埋まりつつあります。でもまぁ、帰省を理由に?一週間でも校務方面から解放されるのはありがたいことですけどw

さて、警察庁が今年も『平成21年度上半期における出会い系サイトに関係した事件の検挙状況』を8/6付で発表しています。警察庁が発表しているこのデータは、もうひとつのサイバー犯罪の検挙状況とあわせて、入職して以来ずっと見ているものですし、学生向けの講義資料の一環として見せているものです。私が教える対象者は、一応18歳以上なので、あまり情報を集約せずにできるだけ統計データをそのまま見せて、自身の力で分析・考えさせた方がいいかと考え、そのようにしています。基礎学力の高い学生にとってはこれだけで十分こちらの意図を理解できますし、基礎学力が著しく低い学生でも最低限Excelでグラフを作り内容を理解する程度には学習材料として使えますので。(幅が広い学校の必修科目は設定レベルも教材選びも人一倍創意工夫を求められるものです)

そんなわけですから、こちらでも紹介しておきます。
次項有警察庁:サイバー犯罪対策
平成21年上半期のいわゆる出会い系サイトに関係した事件の検挙状況について(PDF)

昨年の結果から引き続き同じ傾向にあることがうかがえますね。出会い系サイト自体での事件は減少傾向にあるけど、それ以外のサイトで増加しているという状況にあるみたいです。
昨年については、こちらを参照されるといいのでは。

学生たちと話していると、ほとんどの学生は出会い系サイトとかの危険性については知らされていて「やったことはない」という意見の方が多いわけですが、「友達の友達が...」という事例は聞いたことがあると答えてます。ということは一定層はいるということになりますね。
ブログやプロフやリアルで被害にあったという知り合いは?と聞くと「いますよ」とちらほらと。これらについては、実際もう少し深刻な被害を受けたという学生さんからの相談を受けたこともあります。
このあたりが、私が感覚的に理解している実態かなと思っていますが。

まだまだ続きがあるよ。クリックして読んでみて!
posted by はなだせんせ at 11:22| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

学校関係者など向け:違法・有害情報相談センター

採点作業が続いています...誤字脱字だけではなく創作漢字まで含まれ、論旨が一貫しない答案を読むのは苦痛でしかないよね...と同僚とも話していました。ですが、本日は校務出張のため某所に出かけます。

違法・有害情報相談センターが昨日より相談の受付を開始したそうです。
一般からの情報を受け付ける...というよりは、プロバイダ関係者や掲示板等の管理者、学校関係者などから相談を受け付けて、対応方法などのアドバイスを得るということを目的に開設されたものですね。

次項有違法・有害情報相談センター

関連記事はいろんなところに出てますがとりあえず...
次項有NHKニュース
ネット有害情報 相談窓口開設

学校関係者にはこういう場はあった方がいいでしょうね。
posted by はなだせんせ at 07:56| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

総務省:モバイルコンテンツの産業構造実態調査結果

すでに講義が終わっている非常勤先と、先週〜今週にかけて講義が終わる本務校&非常勤先とが混在していて私が混乱中です(笑)。科目によってはレポートだったり試験だったり…。

さて、総務省が『モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果』なるものを発表しています。携帯電話を中心としたビジネスの市場動向を調査したものの2008年度版が発表されたということですね。

次項有総務省:報道発表資料
モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果

時間的にゆとりがないので概要だけチラ見してますが、着メロ・着うたの市場って、ある意味頭打ちってところでしょうね。ゲームや電子書籍(マンガとか?)などがここ1〜2年ほどで急上昇してきたということになります。今後の動向を見ていく上では面白そうです。セキュリティの観点からも、このような情報をみておくことは意義があると思いますけどね。

学生さんがレポート等に使う資料としては読みやすいものですので、掲載しておきますから、参考になさってはいかがでしょうか。

posted by はなだせんせ at 20:11| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

情報処理技術者試験関係(秋試験申込み、春試験の講評公開)

今日も暑くなるそうです…暑いと融けちゃうやんね…と天気予報にむかってつぶやきました。本日2限の情報処理の教室(大教室)の冷房が効いていることを祈ります。(いつも効いてなくて学生が死にそうになってますので)

さて、情報処理技術者試験関係ですが。

まずは、うちの学生向け。(特に、はなゼミ生ね。)
次項有IPA
平成21年度秋試験について

先週のゼミでもいいましたが、今日(13日)の10時から申込み可能だそうです。
申込みなさーい!!


前に受けた人向け。(AU含む)
平成21年度春期試験 問題冊子・配点割合・解答例・採点講評

レベル3〜レベル4クラスの試験の採点講評がでてます。
AUの試験では、午後問題の講評がなかなか面白いですね。
posted by はなだせんせ at 08:04| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

H21年度版の情報通信白書が公開されてます。

昨日はJSSM学会の全国大会に出席していました。ま、一応実行委員ですし、なぜか懇親会担当になってたんですが、正直、講義とか以外で人前で話すのは未だに苦手です。

いくつかの発表を聞いていて実感しましたが、情報セキュリティは境界領域であるがゆえに事象や技術を追うことに目がいきがちで、理論が軽視される傾向があるのかなと。理論を強固にすることは学問としての必須要件ですから、境界領域とはいえきちんと見ていかねばならないのだなと実感しました。あとは、歴史的な背景をきちんと整理しないといけませんね。私は、そういう意味では歴史をしっている人の直弟子なのですから、ちゃんとやらねばならないのだと反省してます。

さて、少し話は変わりますが、いろいろな関係で調査データを目にしたりすることも多く、また意識して調査データを集めていることもあるのですが、省庁関係が整理して出している白書は当然押さえておくべきところだとも思ってます。
というわけで、総務省が出している情報通信白書です。

次項有総務省
平成21年「情報通信に関する現状報告」(情報通信白書)の公表
情報通信白書

情報通信白書は、“みんなでつくろう情報通信白書”というコンテストをやってました。その結果が反映された作りになったそうで、確かに今までの白書よりは見やすいものになっているような気がします。コラムも一般から募集したものですが、なかなか面白いですね。
統計データを見るという目的以外に読み物としての情報通信白書というのも面白いような気がしています。

とはいえ、チラ見しかしてません(ほかに見なければならない資料はたくさんあります…といいわけ)。
学生さんも、動向を知る上で概要ぐらいは見ておきましょうね。
posted by はなだせんせ at 09:29| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

警察庁:サイバー犯罪関係(講義関連情報のメモ)

七夕だということもあり数日前から本務校の本館ロビーには笹がたてられていました。学生のお願い事は「彼氏ほしい」などのほほえましい内容から「内定ほしい」などのシビアなものまで多岐にわたります。

7月に入りまして今月末〜来月上旬(うちの短大のみ)に定期試験を控え、いろいろと準備せねばならないことも増えてます。
必修科目の情報処理はレポートと定期試験を両方課すという構成ですが、そのうちのレポート用の元データの作成のために、最新データを差し替える作業を行っています。

ということで、講義関連の情報のメモです。
次項有警察庁:サイバー犯罪対策
統計情報(←ここはよく講義用に使っています。)
平成20年中のサイバー犯罪の検挙状況等について [H21.2.26掲載](PDFデータ)
…最終レポートの使用データはこれ↑を使うつもりなんですけどね。

ついでに、7/5の24時が締切だったミニレポート:マルウェア関係の情報。
次項有警察庁セキュリティポータルサイト@police
第13回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム講演資料(マルウェアの脅威と傾向)[PDF: 約1.92MB]
6月上旬に行われた白浜シンポの講演資料が公表されてますね…。
来年は白浜行けるといいなぁ…と思ってますが、その前に越後湯沢もありましたね。
posted by はなだせんせ at 07:23| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

第30回 U-20プログラミング・コンテスト開催…学生さんはぜひ!

今日は、2限の情報システム論で白・赤・黄・橙・青のチョークを使い分けていましたら、講義後の手が子どもが絵の具を使った後の状態になってました…びっくり。

本務校の短大あてに、某省庁の封筒が来ていたのでなにごとか…と思ったら、『第30回 U-20プログラミング・コンテスト』の応募要領が送られてきていました。学校長あてにきていましたが、情報教育担当ということで、私宛にまわったようです。(このまわし方は正しい。)

というわけで、こちらにも掲載しておきます。

次項有JIPDEC
U-20プログラミング・コンテスト

参加資格とかの応募要領を一部抜粋し書き直して転載します。詳しくは、上記リンクをご覧になった方がいいですが参考のため。
[1]参加資格:国内に居住する1989年4月1日生まれ以降の方
[2]募集部門:個人部門 もしくは 団体部門 のどちらか1部門
[3]募集内容:未発表または過去1年以内に公開したオリジナル作品。ジャンルやシステム方式は問わない。作品の受賞歴や公開してから更新履歴がある場合は審査の参考になる。
[4]作品ジャンル・プログラミング言語:特に問わない
[5]応募締切:2009年8月3日(月)必着


うちの短大生や非常勤先の学生さんで興味のある方は、応募要領等持ってますのでお声掛けください!!
posted by はなだせんせ at 19:24| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H21年度春期の情報処理技術者試験関係(統計情報)

そういえば、総会資料とかスポンサーさんの資料とか当日プログラムとか、配布資料の一切をもらい忘れていました…>ISACAの25周年関係。ま、スポンサーさんの資料はもう遅いでしょうからいただけなさそうだし、総会資料と当日プログラムは最終原稿段階の電子媒体を持ってますので困りませんが、基準委員会が作ってくれたハンドブック(印刷版)はほしいので、どっかのタイミングでお願いしておかないと…。


6/30に、平成21年度春期の情報処理技術者試験の応用情報以上(レベル3〜レベル4)の試験区分の合格発表がありましたが、この合格発表を踏まえた統計情報も更新されています。
というわけで、こちらも更新。

次項有IPA
統計情報

システム監査のデータだけチラ見しましたが、合格率が上がっている(これはこれでも触れてます)ことと、合格者の平均年齢が下がっていることと、受験者の業種がシステム監査業務の人よりも微妙に開発やプロマネ業務従事者の方が合格率が高い(ほとんど変わらないけど)ということが気になったかな。

個人的には、CISA試験の受験者データと比較してみたい気がする。
キャリアパスの人材育成として入口的にどのように両方の試験が使われているのかという視点が気になっているので。CISA試験のアンケートってとってましたっけ?受験者・合格者の背景は知っておきたいよね。
posted by はなだせんせ at 08:36| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

平成20年度情報処理実態調査

まだ梅雨空が続いていますので、蒸し暑くて仕方がありません。明日(というか今日)は、非常勤T大の講義で教材関係の荷物を持って帰らねばなりませんが(PC1台分の部品を教材用に持って歩いてます)、いくら車とはいえ雨だと不便です。

さて、経済産業省が『平成20年度情報処理実態調査』を6/29付で公表しています。
ということなので、掲載しておきます。教材用も兼ねてますが、どちらかというと今度の公開講座に使うかなぁ…。チラ見しかしてないから何とも言えませんが。

次項有経済産業省:報道発表
情報処理実態調査の結果について
別添1(PDF)でもう少し詳しい調査結果の概要が見られますね。
調査結果のポイントは、下記のようになってますね…。
1.平成20年情報処理実態調査の結果をとりまとめたところ、平成19年度の「一社平均の情報処理関係諸経費」は、前年度比+6.7%(7.5億円→8.0億円)と3年ぶりに増加した。しかし、IT投資の収益改善効果の後退などから、規模の小さい企業を中心に減少傾向をたどった。
2.「EDI(Electronic Data Interchange;電子データ交換)利用率」は前年度の73.6%から68.4%へ、収益改善効果やコスト削減効果などの後退から、規模の小さい企業を中心に低下に転じた。またEDI利用企業のうち「独自の企業コード」を利用している企業は67.3%であった。
3.「情報セキュリティトラブルの発生率」は前年度の24.8%から28.7%へ上昇に転じた。内訳をみると、「システムの停止」の発生率が大きく増加した。また平成19年度稼働した情報システムの「重要度」が「重大」な不具合の主な原因は、「テストミス及び不足」、「ハードウェアの障害」であった。
4.「情報セキュリティ対策の実施率」は前年度の85.6%から86.9%へ、「内部統制の整備強化」を中心に上昇した。しかし、年間事業収入10億円以下の企業では「情報セキュリティ対策の実施率」が低下した。
5.「SaaS(Software as a Service)利用率」は、前年度の6.6%から7.1%へ、規模の大きい企業を中心に上昇した。またSaaSの利用分野は、「販売」、「財務・会計」、「情報セキュリティ」が中心であった。


CIOの専任化の動きは頭打ちだとか書かれてますね。
障害は増えてるけど、セキュリティ対策はどこまでやるのか分からないし、金はかかるし、中小企業では人いないし、という状況みたいです(まぁ、そうでしょうね)。
内部統制とかいろいろあってやれと言われたからやっては見たけど、今後どうすればいいのかねーという感じでうろうろしている企業群というのが見てとれる気がします。
posted by はなだせんせ at 00:30| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

情報処理技術者試験の合格発表

本日は、学生にまたまた餌付けされる日(笑)でした。“ゼミではお菓子必須”というのが“はなゼミルール”でして、用意してくれたお菓子の余りを学生がくれたという話です。

情報処理技術者試験の合格発表がありました。
すでに、ITパスポート、基本情報、最後の初級シスアドについては発表が終わっていました。ですので、今回はそれ以外の残りの部分ですね。

次項有経済産業省:報道発表資料
平成21年度春期情報処理技術者試験の合格者の発表について(プロジェクトマネージャ試験、データベーススペシャリスト試験、エンベデッドシステムスペシャリスト試験、情報セキュリティスペシャリスト試験、システム監査技術者試験、応用情報技術者試験)

次項有IPA:情報処理技術者試験:新着情報
「平成21年度春期情報処理技術者試験」(応用情報技術者試験及び高度試験)の合格発表について

(1)応用情報技術者試験は、応募者数が56,141名、受験者数が36,653名、合格者数が9,549名で、合格率は26.1%でした。
(2)プロジェクトマネージャ試験は、応募者数が16,241名、受験者数が9,372名、合格者数が1,187名で、合格率は12.7%でした。
(3)データベーススペシャリスト試験は、応募者数が18,538名、受験者数が11,887名、合格者数が1,912名で、合格率は16.1%でした。
(4)エンベデッドシステムスペシャリスト試験は、応募者数が5,875名、受験者数が4,080名、合格者数が689名で、合格率は16.9%でした。
(5)情報セキュリティスペシャリスト試験は、応募者数が25,377名、受験者数が16,094名、合格者数が2,580名で、合格率は16.0%でした。
(6)システム監査技術者試験は、応募者数が5,313名、受験者数が3,271名、合格者数が455名で、合格率は13.9%でした。

やはり、合格率上がってますね…。

リアルな知り合いの方の合格情報とか教えていただければ幸いですー。
posted by はなだせんせ at 23:49| 群馬 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

ITパスポート試験のサイトがリニューアル?

学生、特に“はなゼミ生”(2年生)向けの情報です。情報システム論で、RFPってなにと突然ゼミ生にふって答えられなかったりすると、とたんに凹んだりするはなだせんせですが、立ち直りもはやいです…というか、うちのゼミ生がこのブログをみて「ああ…」とコメントするのはどうかと(^^;

IPAさんが、情報処理技術者試験について、いろいろと新規の情報を出しています。

次項有IPA
平成21年度春期試験 問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(6/16更新)
先日行われた平成21年度春試験の高度の午後問の解答がでてますね。あとは、基本(FE)と最後の初級シスアド(AD)の講評もでてます。

平成21年度秋期試験受験申込みの受付について
平成21年度秋試験の受験申込日程が発表になりましたーというわけで、うちのゼミ生は要チェック!!!試験日は10月18日(日)なんですけど、受験申し込みは7月13日(月)〜8月20日(木)と早いんです…というわけで、定期試験期間中には申し込むように!(やんなかったら怖いと思うよ…私だもんw)。

ITパスポートサイト
ITパスポート試験のサイトがリニューアルしてます。堀北真希から、“つばさちゃん”こと多部未華子さんがキャラクターになったみたいですね。いまどきの学生さんの好みってわかんないんだけど、多部さんはわりと幅広い年代の(特にかなり年上の年代の)方が好きそうな感じな気がするなぁ。私は、この二人はどっちも好きだけど(かわいいよねー)。

最後は、さらに中身がなくなってきた気がしますが、それは気のせいってことで(すでに酔っ払い(笑))。
posted by はなだせんせ at 23:07| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

教育者と情報倫理の問題

そろそろ雨が小ぶりになってきた感じなので研究室を出ようか…と。

週末に目を通してはいましたが、移動その他でバタバタしていて掲載するのを忘れていました。というわけで、こちらも。
RSAカンファレンス関連の記事です。

次項有IT-Pro
[RSA Conference 2009]ネットを危険地帯にしているのは教育者---和歌山大の豊田准教授が指摘

もうね、すごくよくわかりますよ…これ。教育者が教育現場で適切な情報倫理教育を実施できていないという実態。そもそも、高等学校で教科『情報』が必修になっているのに、本質的な情報教育ですら実施できてないわけです…というよりは、実施できているところと実施できていないところの格差がでかい。その最大要因は、教育側の理解・スキルの問題とそれにかけるインフラを含めた内容の問題かなと思っていますが。

大学でも似たような現象はありますけど、ただ、大学での初期教育における情報教育はだいぶ集約化されつつありますので、ノウハウが適切に伝わっていけばいいんでしょうけどね。
教員免許状の更新講習では、教育の最新事情というカテゴリ内で情報セキュリティについて学ぶことは必要になっています。(ちなみに、私は更新講習の担当者の一人で、情報セキュリティを担当してます。)そういう機会を通じて、教育者のための教育が広まればいいんですけどね。

情報セキュリティは、教育がしっかりとされるようになっていけば、社会的なセキュリティコストを下げることができるというのが、私の持論です。どうせ教育機関なんてものは多かれ少なかれ国の税金が大量投入されているわけですから、社会的コストを下げるようなことに貢献するのは当然だろうと思うわけです。加えて、セキュリティの問題は最終的には人の問題、つきつめると心の問題にいきつきますが、今の世の中で心の問題に対応できるところは、教育と宗教ぐらいしかありません。宗教ではなかなか情報セキュリティを徹底化させるというような要素を見いだせてませんので(やれば面白いと思うんだけどな(笑))、そうすると教育しかないでしょう。

というわけで、教育機関に籍を置くものの一人として、この問題とはがっぷりよつに組んでやっていかねばなりませんね。
posted by はなだせんせ at 22:12| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

講義関連資料1件(ダイエーの情報漏えい)

映画『ハゲタカ』が本日より公開されましたね…。テレビドラマも見てましたので、映画も見に行きたいのですが、多分行くなら一人で行くかなぁ…なんというのか、こういう感じのは自分のペースで見たいので。

あいかわらず、いろいろな企業での個人情報等の漏えいが続いています。残念ではありますが、発生させないような仕組みをどう作るのか、そして発生させた場合にどのように対応するのか、リスクをどう減らすか、という側面できちんと考えることが必要です。
というわけで、そういう話題をするきっかけとして、この手の話題は講義資料として大変有益だったりします(該当の企業さんには申し訳ないんですけどね…)。そんなわけで備忘録としてエントリしておきます。
今回は、ダイエーの件です。

次項有IT-pro
「想定外で気づかなかった」、ダイエー通販サイト会員9万人のアドレスが閲覧可能に

次項有(株)ダイエー
弊社ネットショッピング会員様メールアドレスの情報管理に関するお詫びとお知らせ

最近、システムトラブルや情報漏えいといったネガティブ情報をきちんと公表される企業さんが増えましたね。
ダイエーの情報も、結構どんなことが発生したのかが分かりやすくていいです。やはり、最新の事例で学生さんにお話しした方がリアリティが違います…数ヵ月後の雑誌記事とかよりははるかにいいなぁと。

セキュリティ教育で重要な点は、教育を受ける側に対して“いかに考えさせるか”ということだと常々感じています。考えさせるためには、見えにくいものをできるだけ見えやすく、具体的ではないものをできるだけ具体的にしていくことが教育をする側のテクニックとして重要かと思うわけです。企業内の従業員教育とは異なり、私が今やっているのは企業内での業務を実質的にはわかっていない学生への教育ですから、より分かりやすく実感しやすいということをどう工夫していくか、難しい課題ですが一大学人として取り組まねばならない立場にあると実感しています。
posted by はなだせんせ at 23:05| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

講義関係資料2件(JALシステムトラブル、ITを巡る今後の戦略の検討ポイント)

ああ、今日の午後から白浜シンポジウムですね…行きたかったんですが難しいので、行かれる方のレポートを楽しみにしておきます…とはいえ、行くのが一番いいんでしょうけど(溜息)。

講義用に2件ほどの情報を掲載しておきます。6/3に発生したJALのシステムトラブルと、経済産業省の産業構造審議会情報経済分科会基本問題小委員会に関する資料です。
(ほぼ、このブログがソーシャルブックマークになりつつあるような気がしますが、気付かなかったことにします(笑)。)

次項有JALシステムトラブル関係
●毎日.jp 日本航空:システム障害、羽田発31便欠航 プログラム更新後
●NHKニュース 日本航空 システムに不具合
●ITpro JALのチェックインシステムに障害、羽田中心に遅延・欠航相次ぐ
●ITPro [続報]JALのシステム障害、原因は新機能追加

JALのサイトでは、まだ原因などの公表とかはまったくされてないですね。情報システム論の資料として使います。(ちょうど、本日の講義は稼働率ですし…何の因果なんだろう。)

-------------[2009.06.04 20:51追記] ここから
JALのサイトから、お詫びという形で下記のお知らせが公表されていますね。

次項有JAL
【お詫び】羽田空港チェックインシステム不具合に伴う欠航、遅延について

これによりますと、通常のチェックインサービスの停止時間が、5:45〜6:45の約一時間、Webチェックインサービスの停止時間が、5:45〜21:08の約15時間、ということになります。
-------------[2009.06.04 20:51追記] ここまで

次項有経済産業省関係
産業構造審議会情報経済分科会基本問題小委員会「ITを巡る今後の戦略の検討ポイント」の公表について

“ITを巡る今後の戦略の検討ポイント”という点で報告書が出てます。
情報処理とか情報科学の資料として考えてます。
でも、チラ見しかできてません。
posted by はなだせんせ at 08:59| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

ITパスポート、基本情報技術者の合格発表関係

ゼミ生が次週発表があるけどわからないことがあるから教えてくれとアポをとってきたので、研究室で主にシステム監査についていろいろと話していたのですが、ITパスポート試験の話題になって「先生、ブログで合格率のことについて触れてましたね…」というので、あらためてゼミ生ってブログ見てるんだ…と内心驚きました。

そんなわけですので、統計資料も新しくなっているようですし、もう少し整理しておこうかと思いまして。5月26日のこの記事の内容を転載し、少し加筆修正を入れたものです。
正直、なかなか落ち着いて記事をじっくり書くということができません。いかんですなぁ…(反省)。

まずは、情報処理技術者試験のIPAさんが発表している情報です。
次項有情報処理推進機構(IPA)
「平成21年度春期情報処理技術者試験」(ITパスポート試験、基本情報技術者試験、初級システムアドミニストレータ試験)の合格発表について
平成21年度春期情報処理技術者試験について 〜ITパスポート試験を中心に〜(PDFデータ)
統計情報(5/26の試験結果分が反映されています)

統計情報が、更新されていますね。5/26の発表分が反映されています。
地域別・団体別などの受験者データが含まれているので、かなり面白いと思います。地域によって受験者数は大きく異なります。
過去に、恩師と二人で東海地方の情報処理産業についての実態調査をしたことがあるのですが、この時も情報処理技術者試験の受験者数が件別でずいぶん異なるということも話題に上がりました。受験者数は人口の問題が最も大きな要因となりますが、情報処理産業の分布が首都圏中心であるということにも影響を与えます。この調査自体は、7年近く前にやっていましたので、ネットワーク化が進展し、地方自治体が政策として情報特区などを設けている今日では、事情が多少異なる可能性はあるかと思いますが。

群馬県自体は…というと、人口に比して受験者数があまり多くないようにみえます。同じ北関東でも茨城県はともかく、栃木県と比べても微妙です。地域性なのか何なのか。調べてみると面白そうですね。合格率は、平均値より下がってます。県内に情報系の高等教育機関があまり整備されているとは言い難い環境にありますから、そういう点が影響しているのかもしれません。情報処理産業自体も、あまり発達しているとは思えませんし、サービス提供者の質・人材層が高いとはお世辞にも言えません。その点が関係しているようにも思えますが、しっかりと調べた調査結果を手にしていませんので、私の感覚的なものだとお考えください。

まだまだ続きがあるよ。クリックして読んでみて!
posted by はなだせんせ at 20:28| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

「平成21年度春期情報処理技術者試験」の合格発表

本務校には、時々福祉団体などの方々が手作りされた商品を販売しに来訪されることがあります(のどかな地域ですから…)。今日はTという団体さんのチーズケーキを買いました。とても濃厚でおいしく、かつお安いのでいつも楽しみにしています。

さて、情報処理技術者試験のうち、レベル1〜2の2科目(ITパスポートと基本情報技術者)と最後の初級シスアドの試験結果が発表されました。

特にITパスポートには注目が集まっていましたので、試験結果についてのコメントが公表されていますね。
というわけで、リンクしておきます。
一応チラ見していますが、明日までに片付けねばならない本務や業務がバタバタありますので、とりあえずリンクだけ。コメントは夜か明日早朝にでも追記する予定…。(いろいろ思うところがあります。)

次項有情報処理推進機構(IPA)
「平成21年度春期情報処理技術者試験」(ITパスポート試験、基本情報技術者試験、初級システムアドミニストレータ試験)の合格発表について
平成21年度春期情報処理技術者試験について 〜ITパスポート試験を中心に〜(PDFデータ)

うちの元ゼミ生とか、基本どうだったんだろうね…。
[追記:2009.05.27 7:50]
posted by はなだせんせ at 17:44| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

こんな番組あるんや…(NHK教育)

偶然みて、思わず「をををををを…」とさっきまで見てしまった番組。
(最近、テレビほとんど見てないからすっごい偶然)

次項有NHK教育
ITホワイトボックス

学生はみなさい。私の話を聞くより勉強になります(それじゃ、遺憾だろという突っ込みはとりあえず忘れて)
特に、ゼミ生は絶対見なさい(事実上の命令)。
posted by はなだせんせ at 23:38| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

平成20年度特許出願技術動向調査の結果が公表されてます。

先週金曜日からスタートした講義が本日3限で一巡しました。同僚の先生もおっしゃってましたが、少し喉が辛く感じましたので、声の出し方にはもう少し気をつけなければなりません。音量が大きくよくとおる声なので教員には最適だといわれますが、油断禁物。今後はマイクも積極的に使う予定です。(本務校はマイク設備があまりないので、少し大変です。)

さて、いろいろな講義用の資料として、引き続き統計資料や公的な報告書には積極的に目を通すようにしています。科目の性質上、できるだけ最新の状況を負うことは必須ですのでやむをえませんし、その中から、いろいろなことが見えてきて面白いというのもあります。

ですので、まぁ、ここにもその目を通したり、利用しようと考えている資料類を、アップしておきます。(この作業を、スキマ時間でこまめにやっておくと、本当に講義準備がラクなんです…)

今回は、経済産業省が4/15に発表した『平成20年度特許出願技術動向調査の結果について−特許からみた日本の技術競争力 Part.1 環境・エネルギー分野など−』です。

次項有経済産業省:報道発表
平成20年度特許出願技術動向調査の結果について−特許からみた日本の技術競争力 Part.1 環境・エネルギー分野など−

発表されている資料(PDFデータ)は、全部で8つですが、この中でやはり学生さんたち(特に、本務校の「情報処理」・「情報システム論」の履修者、高経大の「情報科学」の履修者を想定しています…)にも目を通してもらえるといいな…と考えているのは、次の三つでしょうか。
●インターネット検索技術(PDF形式:138KB)
●ネットワーク関連POS(PDF形式:124KB)
●情報機器家電ネットワーク制御技術(PDF形式:215KB)


なかなか面白いですから、ぜひ目を通してみてください。>履修学生さんたち。
講義系科目では、取り上げて行く可能性大の資料です。
posted by はなだせんせ at 21:01| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

総務省:平成20年「通信利用動向調査」の結果

ついでなので、もう一つ。

総務省が4/7に発表した“平成20年「通信利用動向調査」”です。
たぶん、これも「情報処理」で参考に使うかな…と思ったので。

次項有総務省:報道資料
平成20年「通信利用動向調査」の結果
上記の概要(PDFデータ)

この資料なんかは、うちの学生さんでも十分わかる内容ですので、自分たちで見てほしいですね…。
posted by はなだせんせ at 23:14| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。