2008年01月25日

【講義情報:新島短大】2008年度 卒業研究(花田Aゼミ)について

(注:このエントリは、掲載期間が過ぎました。すでに、ゼミ募集は終了しています。)

【2008年度:卒業研究(花田Aゼミ)について】

2008年度の花田Aゼミでは、下記のテーマでゼミを運営します。
やる気のある学生の参加を期待しています。

次項有ゼミテーマ
情報システムを活用した問題解決


次項有具体的内容とスケジュール
(1)情報システムの活用に必要な知識の習得(資格試験へのチャレンジ)
 メモ情報システムについて社会人となるために必要な知識や能力を身につけるための学習を行います。具体的には、情報処理技術者試験の初級システムアドミニストレータ(初級シスアド)や、基本情報技術者(基本情報)の資格取得のための勉強を行い、資格試験にチャレンジします。
 時計4月から学習をスタートし、10月中旬の試験を受験するというスケジュールで行います。
 ひらめき今年度(2007年度)は、2名が初級シスアドに合格しています!

(2)襄祭でのコンピュータ教室の企画と運営
 メモ大学祭(襄祭)で、一般の方や学生・教職員向けのコンピュータ教室を企画し、運営も学生自身の力で実施します。知識だけではなく、人に教える過程を通じて、実践的な力を養成していくことがねらいです。
 時計秋学期開始ぐらいより具体的な計画を作成し、11月の襄祭本番に向けて準備していきます。
 ひらめき今年度(2007年度)は、年賀状やポストカード制作のレクチャーや、オリジナルカレンダーの無料配布、子ども向けのクラフトワーク・塗り絵などの無料配布を行いました。

(3)卒業論文・卒業研究の制作
 メモ資格試験の勉強や襄祭での活動などを活かし、身近な問題を情報システムでどのように解決していくかを具体的に検討していきます。その成果を、論文等の形でまとめていただきます。(プログラムやマニュアルなどの作製でもOKです。)
 時計襄祭での活動などと平行しながら準備を進め、1月末に提出していただきます。
 ひらめき今年度(2007年度)の論文は現在鋭意執筆中…です。テーマとしては、本館掲示板の電子化、新短ネットのSNSとしての利用、部活動の活性化に役立つ新短ネットの活用など…です。


次項有注意事項など…
(1)ゼミに入る際に、コンピュータに関する知識を特に求めたりすることはありません。入ってからしっかりと勉強していただければOKです。
(2)資格試験の勉強が春学期〜10月までのメインの活動になります。皆さんの学習進度によっては、補習のようなものも実施することがあります。やる気のある方を期待します。
(3)できれば、IT系の科目(特に『ITエンジニア』ユニットの科目)を履修していただくことをオススメします。(資格の勉強にもつながります。)
(4)せっかくですから楽しんで勉強しましょう。コンパやお食事会など希望があれば、積極的にやりたいですねっ!!!!
(5)情報処理技術者試験は、短大生にとっては難易度の高い資格試験といえます。ITに興味のある方には、オススメの資格です。
(6)卒業論文は、自分が日頃抱えていたり疑問に思っている問題点を情報システムでどう解決するかを考えていくものになります。問題を解決するための方法として、プログラムを制作したり、データベースを作ったり、マニュアルを整備するなどの作品製作でもOKとします。

わーい(嬉しい顔)なにか不明な点などがありましたら、お問い合わせください。花田研究室に来ていただくか、メール、ブログへのコメントでも対応します。
posted by はなだせんせ at 17:00| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。