2007年04月23日

NRIの『ユーザー企業のIT活用実態調査2006』

CNET Japanのニュースで記事にされていたので知ったのですが、野村総合研究所(NRI)が、『ユーザー企業のIT活用実態調査2006』について結果を公表しています。NRIは、良くいろんな調査をマメに公表されていますよね。

次項有NRIニュースリリース
「ユーザー企業のIT活用実態調査2006」を実施 〜IT活用テーマは業務改善が主流、今後は新たな企業価値創出へ〜
この調査でNRIが主に取り上げているのは、
 (1)IT投資は増額傾向も、業務効率化・標準化支援が中心
 (2)ビジネス価値創出のためのIT活用だけでは、効果に結びつかず
の二点ですね。

上記のほかに気になったのは、“図4:ITを活用した取り組みの実施状況(N=519)”の、業務プロセスの改革・改善の箇所ですね。
「都度・部分的に改善」が44.5%となっていますね。COBITの成熟度でいえばレベル1〜2という所になると思いますが、そのレベルが5割弱と考えると、現状の日本企業の状況がおおよそ分かりますよね。

関連記事です。
次項有CNET Japan
企業のIT活用テーマの主流は「業務改善」--NRI調べ

先日、JUASの『企業IT動向調査2007』が発表されていて、IT投資額自体は増加傾向にあるという結果も出ていましたが、それとあわせてこの結果も見ていくと面白そうです。

・・・と“ひとごと”のようにいってますが、ちゃんと目を通しておこうとは思っています。興味はあるんですよー。(でも、JUASのって詳細データがほしければ購入って、そりゃあないよ…とボソリとつぶやく。)
あと、見ておきたいのは『システム監査普及状況調査』(JIPDEC)なんですが…まだ、講義のペースに身体が慣れてきていないみたいであれこれじっくりと見てられないなぁ(ため息)。
効率よくもう少しいろいろと目を通していきたいな・・・とは思っていますが、なんせ今現在はまったく性質の違うものを二つ以上同時進行で抱えていまして…。(すいません、もう完全に愚痴モード突入です(笑)。)

今現在やってる“まったく性質の違うもの”のうち、一つは、某所での調査研究(IT統制がらみ)を別の某所で発表するためにもう少しつっこんだペーパにしています。
で、もう一つっていうのがY教授たちと書いている“キャリアデザインの多元的探求”の私の担当部分のところ。IT技術者のキャリアデザインについて、私自身の考えているキャリアデザインの観点から切っているためかちょっと神経を使っています。計画当初よりも内容にてこずっているというか。後半の情報教育の箇所に結びつける部分が少し稚拙なのでそこに苦戦してますね…しょーじきにいうと。かなり共著者の諸先生方のペースが早いので、余計にあせってます(キャー)。

私が“なまかわ(=怠け者:岐阜弁?)”なのもあるのでしょうが、上記のような状況に加えて、今期の講義数がはちゃめちゃなので、あれこれ気になる資料をなかなか処理できず、机の上もフォルダの中にもブログにも(笑)たまりっぱなし…何とかしなきゃ。
そんなわけで、ここに書いてしまえば誰かに「あれどうしたの?」とか聞かれそうなので、プレッシャーになるかなーなんて淡い期待をこめておきます。でもホントに聞くのは“カンベン”だったりして(笑)。


posted by はなだせんせ at 01:31| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報システム・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。