2007年04月20日

【講義番外編】ICタグ読み取り携帯の開発支援

【講義番外編:情報システム論(月3限)】

ICタグの読み取りができる携帯電話の開発を、総務省が支援するというニュースが、asahi.comに掲載されていました。
スーパーでICタグに携帯電話をかざせば、生産地情報、流通経路・・・等が分かるようになる時代が、3年後ぐらいに現実化するのでは…ということが書かれていますね。

次項有asahi.com
ICタグ情報読み取る携帯 総務省が開発支援へ

ちょうど、今週月曜日の講義でユビキタスの話をしましたが、ICタグのことについても触れましたよねぇ。(Suicaの話もしましたが(笑)。)なんて、タイムリーな・・・(笑)。
毎年そうですが、講義で話した内容に関連する話題が、かならず新聞・ネット・テレビで出てきますね。それだけ、情報システムが私たちの生活に身近になったということの表れですが。
おかげで(!?)、その影響でこのブログも更新頻度があがるわけです(苦笑)。

次週の講義では、コンビニエンスストアの情報システムを切り口にしていきますが、せっかくなのでICタグの現物をお持ちします。
私の講義教材の中でもとっておきの一品です(笑)。お楽しみに〜♪


posted by はなだせんせ at 22:21| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。