2010年05月24日

平成22年度春期情報処理技術者試験(ITパスポート試験、基本情報技術者試験)の合格発表

先週は天気のよい日の方が多くて暑いぐらいでしたが、昨日からずっと雨…今週はあまり天気が良くないようです。雨に湿気という苦手な季節の到来でしょうか…こういう日は体調も優れないことが多くて憂鬱になりますね。人間って自然の中での生き物だとつくづくそう思います。

さて、そんな自然とは全く対照的な私のブログなのですが(笑)、5月20日に情報処理技術者試験を運営しているIPAさんから、先月実施された平成21年春の情報処理技術者試験の合格発表(ITパスポートと基本情報技術者)がありました。

次項有IPA
プレス発表:平成22年度春期情報処理技術者試験(ITパスポート試験、基本情報技術者試験)の合格発表について 〜ITパスポート試験には22,098名が合格、最年少合格者は12歳(過去最年少を更新)〜
情報処理技術者試験:統計情報

ITパスポート試験は、うちのゼミ生にも受験を勧めている(というよりも半分強制(笑)?)ので、気にはなっています。試験の概要は下記の通り…。
1.概要
 (1)ITパスポート試験は、応募者数が63,680名、受験者数が52,299名、合格者数が22,098名で、合格率は42.3%でした。
 (2)基本情報技術者試験は、応募者数が92,108名、受験者数が65,407名、合格者数が14,489名で、合格率は22.2%でした。
2.応募者・合格者について
 ITパスポート試験には、過去2回の試験と同様、10歳以下から70代後半に至るまで、幅広い年齢層からの応募がありました。応募者の内訳をみると、年齢 25歳以下が過半数を占め(50.9%)、学生の応募割合が大きく増加するなど(今回:35.2%、前年同期:29.4%)、若年層の応募が多くなっています。
 合格者の構成比は、社会人77.6%、学生22.4%で、前年同期(社会人77.5%、学生22.5%)とほぼ変化はありませんが、社会人の中では非 IT系業務従事者の割合が(今回:52.1%、前年同期:46.2%)、学生の中では大学生の割合が増加しています(今回:53.1%、前年同期:46.7%)。
 なお、今回の最年少合格者は12歳、最年長合格者は73歳となっており、最年少年齢(12歳)は、これまで実施してきたITパスポート試験合格者の最年少年齢(13歳)を更新しました。


詳細なデータは、統計情報で更新されていますのでもう少し目を通しておこうかと考えています。
posted by はなだせんせ at 09:04| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150876576
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。