2010年04月19日

情報処理技術者試験2010年春試験が終了ですね。

あまりにもプライベートでも仕事でも慌ただしく、年度末の仕事をまだ完遂できないままに年度初めに入りさらに自分で自分の首を締め付ける状況の中で講義がすでにスタートしていたりします...あうあう。こちらのブログも履修学生さんの多くが見てくださっているようなので、きちんと更新しなければいけませんね。猛省中なう。

さて、4/18、つまりは昨日、情報処理技術者試験の春試験が実施され、特に問題などもなく終了したようです。
今回実施された試験区分は、春(4月)と秋(10月)の2回試験が行われる
 レベル1:ITパスポート試験
 レベル2:基本情報技術者試験
 レベル3:応用情報技術者試験
春のみ試験が行われる高度区分(レベル4)
 レベル4:プロジェクトマネージャ試験
 レベル4:データベーススペシャリスト試験
 レベル4:エンベデッドシステムスペシャリスト試験
 レベル4:情報セキュリティスペシャリスト試験
 レベル4:システム監査技術者試験
…の全部で8区分でした。それぞれがどういう試験区分で、どんな内容になっているのかはJITECの試験区分のページで確認してください。

各問題と、午前中の択一問題に関しては4/18の18時にWebで公表されるのですが、例年どおり(苦笑)アクセス集中のためほとんど見ることができませんでしたので、諦めて、先ほど確認し、必要なデータのみダウンロードしました。9時過ぎるとまたアクセス集中するかもしれませんので気長にやったほうがよろしいかと(笑)。

次項有IPA:情報処理技術者試験センター(JITEC)
平成22年度春期試験 問題冊子・解答例・採点講評・配点割合(PDF形式)

ITパスポート試験と基本情報技術者試験の内容については後ほど見ようと思っています。あとで、コメントを追記するなり別エントリで書くつもりです。
システム監査技術者の午後2問題、午後1問題、午後2問題のみ、チラ見してみました。チラ見の感想なのでそこは差し引いて考えていただきたいのですが、午前2はまぁいたって普通の問題形式、各種基準類(システム監査基準・管理基準、金融庁の実施基準)、関連法規に、あとは過去問を抑えておけば問題はないですよね。午後1、午後2は、見ていておもしろいなーと感じました。コンサル的に関与している人はチョイきついかも。システム監査をやっている人とか、IT部門でシステム監査のお手伝いをしている人ならいいでしょうけど、実務経験なく営業的にJ-SOXとかIFRSとか言ってる人だと厳しいかもしれませんね。元々、AU試験は実務経験者の能力認定という側面の強い試験ですから、本来の位置づけに戻ってきたかなという気もします。

まぁ、しょせんは私のチラ見程度の感想なので...(逃)。
posted by はなだせんせ at 08:07| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146981749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。