2010年02月18日

経産省が中小企業の会計に関する研究会を発足させたようです。

立春が過ぎても寒い日々が続いています。本務校では卒業判定関係や入試などでバタバタしておりまして、各所にご迷惑をおかけしております。

先日、毎日新聞から以下のニュースが出てまして、おお?と思い注目しておりました。

次項有毎日.jp
中小企業会計:経産省が国際化を議論 研究会発足へ

そしたらですね、経済産業省さんから早速研究会の開催報告として資料があげられてましたので、ここにも記載しておきまする。

次項有経済産業省
中小企業の会計に関する研究会(第1回)-配付資料

この研究会の設置の趣旨としては、上記のリンク先の資料2(PDFデータ)に記載されていますね。IFRSとかいってるけど中小企業の会計原則どうすんの?ってことと、現状での中小企業会計指針についても検証したいなぁという状況での研究会とみてよろしいかと。

会計全般にも影響を与える話なので、会計関係に興味を持っている学生にも目を通していただけたらなと思います。

今後、どういう議論が進んで行くか…ですかね。


posted by はなだせんせ at 02:54| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。