2014年07月16日

ふつーの大学生による情報セキュリティ番組『niitan×cafe×Sec』、7/08の第4回,7/15の第5回の配信『オンラインバンキングのフィッシング詐欺を考える』が終わりました。 #niitancafesec #fb

暑い日々が続いております。ここ群馬県は暑いことで有名な館林市があることでも知られておりますが、まあ暑さ半端ないです。毎日暑さでへとへとです。水分補給と適度なクーラー等の利用と栄養のある食事としっかりとした休息が大事とのことですが、これらをAND条件で実現させるのはなかなか厳しいのが、世の働く母親ってものでしてまあ、OR条件ぐらいに緩めていただければと思いつつ、頑張って生きております。みなさまもどうぞ体調管理にはお気を付けください。

さて、今週末は世間では3連休とのことですが、われわれ大学人はこの時期は(も)お忙しいものです。
7/20(日)は本学ではオープンキャンパスです。
http://niitan-info.net/opencampus/schedule/7201000.html
キャリアデザイン学科の模擬講義を担当します。レストランとITって直接的に結びつかないかもしれませんが、情報って何?ITってなぜあるの?という素朴な、しかし根源的な疑問を解決しつつ、今につながる社会的な問題までいくつかお話しさせていただければと思います。
お近くの方、ぜひお越しください。

ちなみに7/21(月)は講義日です。学生間違えませぬように!!
(特にゼミね!!)

そして、今年度からはじめた『ふつーの大学生による大学生のための情報セキュリティ番組 niitan×cafe×sec』も、今月の7/8と7/15に連続2回の生配信が無事に終わりました。
これで5回の配信をしたことになります。(生配信としては3回ですね!)
当初、ちゃんと定期的に配信ができるかすらドキドキものですすめましたが、学生たちが何とか頑張ってくれている感じです。いやー、うちのゼミ生相変わらず優秀です(笑)。

見た方から「衝撃のゆるさw」と言われておりますけども(笑)、「情報セキュリティってなに?」という感覚で日常を過ごしているメンバーが、自分たちの日常でも時々目にするそんな情報セキュリティ的な話題を選択し、配信内容も自分たちで考え、資料をそろえ、機材・ツイートなども行いつつ進めております。
ゆるゆる、そして楽しく、ちょっとためになる、そんな配信内容をこれからも続けていければよいかなと、思っております。

というわけで、7/8に放送した第4回と7/15に放送した第5回の内容をご覧になりたい方は、下記をご確認ください。
まだ、YouTube用のデータのアップロードが終わっておりません。
第4回はちょっと前半は音声が聞き取りづらいかもしれませんのでご留意ください。

次項有20140708放送分(第4回):オンラインバンキングのフィッシング詐欺についてPart1(オンラインバンキングってなに?)
http://www.ustream.tv/recorded/49700645
オンラインバンキングのフィッシング詐欺を考える前に、まずはゼミ生だれも知らない『オンラインバンキング』についていろいろと調べてみました。
このテーマを選択したきっかけとしては、学生たち自身がこのフィッシング詐欺のメールを受信していたということもありますけども、金融業界に就活した学生は地元の金融機関のほとんどすべてがオンラインバンキングを導入していたことなどに驚いたという、学生目線での素朴な疑問などがあります。
そういったことも踏まえて、金融業界に詳しいA氏からのアドバイスや、自分たちで調べた内容などを、かみ砕いて説明していくという形で構成されています。

次項有20140715放送分(第5回) オンラインバンキングのフィッシング詐欺についてPart2(対策編)
http://www.ustream.tv/recorded/50087577
冒頭なぜか、海なしグンマー県から大洗まで出かけてとんぼ返りするというMCの話題とか、うちの短大に「宇宙人をつろう」という不思議な名前の釣りサークルがあった話とか、ザリガニ釣りの話とか不思議な話題が飛び出しますけども、それはテーマがフィッシングだからですwww
オンラインバンキングについて前回に続いて専門家から素朴な疑問に対して丁寧な回答をもらっているのを、紹介しています。
今回は、フィッシング対策協議会の山本健太郎氏から8つの質問について丁寧なコメントをいただいています。
なお、フィッシング対策協議会さんは、本日このような資料も公表されていますね!
「フィッシングレポート2014」公開のお知らせ
https://www.antiphishing.jp/news/info/press_phishing_report2014.html

わたしも意外に思ったのですが、確かに学生にはフィッシングといってもピンとこないというのはあるのかなと思います。
しかし、一方でフィッシングの被害にあう可能性がゼロってわけでもありません。
少なくとも、そういうメールは受信します。その中から被害の発生につながるリスクはありえるわけです。

オンラインバンキングそのものの仕組みも、実を言えばほとんどのところであまり提供されていないということも今回の4回、5回の配信を通じて知る機会を得ました。
銀行協会など、いくつかの団体さんから金融の仕組みなどの情報はそこそこ提供されているわけですが、オンラインバンキングそのものはいったいどういう仕組みなのか、そういうことはあまり解説されないままに、安全性に気を付けろ的な話の展開がなされるわけです。
一方で、銀行側としては店舗コストのかからないオンラインバンキングは普及させたいという思惑もあります(そしてその思惑は一般のユーザはほとんど知らないわけです)。

以前よりずっと私は申しあげているわけですが、仕組みがわからないのにリスクの評価をすることはありえないはずです。
結局、そういう状況下では禁止するとか思考停止するとか、そういう形でしかアプローチできなくなります。

この回を通じて、学生たちが仕組みを適切に理解する、ということに気づいてくれるとうれしいなと感じています。
放送の最後では、学生たちからも「いろいろなことが共通しているね」というコメントが出てきています。
これは、私自身が彼らに気づいてほしいと願っているポイントでもあり、ちょっとだけこのコメントを聞きつつにんまりしていたのはないしょです(笑)。


次回は、7/29の15:10前後からを予定しています。
内容はまだ未定ですが、7/22の講義後には発表できると思います。予告編も作る予定です。

春学期はこの7/29で最後となります。夏休みをはさんで、また9月下旬からパワーアップした放送が提供できるよう、ゼミ生一同と努力していきたいと考えております。
posted by はなだせんせ at 17:27| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | niitancafesec | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

[履修者向け]2014年CD学科情報処理のC1C2クラスの学生に、7/10に配布した最終課題についての注意事項がありますので読んでください。 #fb #情報処理C1C2

本務校である新島学園短期大学キャリアデザイン学科の必修科目【情報処理】についての連絡事項です。
次週7/17の講義でも再度連絡をしますけれども、早いほうがよいと思いますのでこちらにも掲載します。ご確認下さい。

本日7/10の講義にて、最終課題のプリントを配布しました。
警察庁が今年の3月に発表した下記資料をもとにしたもので、これについての課題を定期試験までに作成するというものになります。課題の内容と提出方法については本日の講義で説明したので割愛、次週聞き漏らした方向けに補足します。
http://www.npa.go.jp/cyber/statics/h25/pdf01-2.pdf

配布したプリントには、H25年の項目が空欄になっていますので、上記資料を参照して穴埋めを実施し、課題作成を行ってください。
その際に、ネットワーク利用犯罪の箇所(配布プリントでは表3、Cの項目になります)については、H24年までのデータでは数値が入っているのに、H25の上記資料では数値がなく調査項目がないというデータがいくつかあります。
これは、H24年までの資料とH25年の資料で一部表が異なるためです。
参考:H24年のデータ http://www.npa.go.jp/cyber/statics/h24/pdf01-2.pdf
空欄の箇所はそのまま(斜め線)にしていただいたうえで、配布プリントをもとに表を作成してください。

その他、わからない点などについては電子メール(いつも教えているアドレスです)やTwitterのリプライなどでお問い合わせくだされば、対応します。
posted by はなだせんせ at 17:25| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。