2011年07月06日

Risk IT Frameworkの日本語版が公表されました。

仕事復帰まで二ヶ月をきり、公私ともにあれこれと準備を進めています。特に講義まわりは日進月歩の分野であることに加え、震災の影響もあってだいぶ作り直しが必要になっています。あとは、7月に予定されているISACA名古屋支部での発表準備と、先日おこなわれた情報処理技術者試験の特別試験の解説書きなどもありますでしょうか。生来の怠け者なので、なにかないと勉強もしないたちですから、育休で完全にバカになるんじゃないかと思ってましたが、おかげさまでなにかしらやらねばならないこともあるので、そこまではバカにならずにすみそうです。(元からバカだという説もありますけどー(笑))


さてさて、またまたISACAネタなのですが、ITGI-JAPANの梶本事務局長から御連絡があったので、こちらでもご紹介をと。
なにかというと、ISACAが以前出したITのリスクマネジメントのフレームワークであるRisk IT Frameworkの日本語版が公表されましたよと。そういう話です。
今回は、日立ソリューションズ様の多大なるご貢献です。ありがとうございますー。

ITGI-JAPANのWebからもリンクがはってありますが、本部のRisk IT Frameworkのページからダウンロードできますので、ぜひみなさまご覧ください。まだ日本語版は目を通していませんが、元の方はわたしはよくまとまっていると思っています。ええ。

●Risk IT Framework
http://www.isaca.org/Knowledge-Center/Research/ResearchDeliverables/Pages/The-Risk-IT-Framework.aspx

このページをみて驚いたのですが、日本語版以外にも結構多言語翻訳されているんだなと。昔のISACAを知ってる方なら驚かれるんじゃないでしょうか。わたしは驚きましたよ。COBITもですけど、最近のISACAのこのような動きにはびっくりするとともに、動きとしてはいいんじゃないのかなと思っています。
ちなみに、梶本事務局長いわく、品質管理がえらい厳しくなったから公開まで大変だった、そうです。おつかれさまでございます。。。

posted by はなだせんせ at 16:28| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ISACA関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。